県立田布施農工高等学校にて、鳥獣被害対策の一環として、ジビエの活用を進める「食育授業」を初開催します!

令和2年 (2020年) 10月 14日

1 趣旨

田布施農工高等学校で食品化学を学ぶ生徒等を対象に、森林及びそこに生息する野生鳥獣による農業被害の現状やその対策についての学習を行うとともに、被害の防止・軽減と地域の活性化にも寄与するジビエの利用拡大に向けた体験授業を実施し、柳井地域における農林業の仕事や取組の理解醸成を図ります。


2 日時・場所・内容等

(1) 校内授業

① 日時:10月22日(木曜日) 10時55分から12時45分

② 場所:田布施農工高等学校(熊毛郡田布施町大字波野10195) ※別添図面参照

③ 対象:田布施農工食品科学科3年生17名

④ 内容:

 ・ 森林と人の生活との関わりについて

 ・ 野生鳥獣被害の現状と対策について

 ・ ジビエ肉の活用と地域の活性化について

 ・ ジビエ肉の試食

(2) 校外授業

① 日時:10月27日(火曜日) 13時30分から15時

② 場所:やまだ精肉店(大島郡周防大島町東安下庄2844) ※別添図面参照

③ 対象:

「ジビエ肉の活用」の課題研究を行う3学年の生徒3名

④ 内容:

 ・ ジビエ肉の活用と地域の活性化について

 ・ ジビエ肉の加工処理施設見学

 ・ ジビエ肉の試食


3 主催

山口県立田布施農工高等学校、山口県柳井農林水産事務所


4 協力

やまだ精肉店(周防大島町)



添付ファイル

会場位置図.pdf (PDF : 115KB)

 


お問い合わせ先

柳井農林水産事務所
Tel:0820-25-3291
Fax:0820-25-3297
Mail:a17102@pref.yamaguchi.lg.jp