林業×異分野によるオープンイノベーション 披露!
~SUSTAINABLE FOREST ACTION2020 最終プレゼンを行います~

令和2年 (2020年) 10月 23日

1 趣旨

林業関係者と異分野事業開発経験者がコラボし、新しい林業ビジネスの創出を図る「SUSTAINABLE FOREST ACTION2020※1」の最終プレゼンが開催されます。県内からは、山口県西部森林組合※2と株式会社シンラテック※3が2カ月間の取組成果をプレゼンします。


2 日時

令和2年11月1日(日曜日) 10時00分から17時00分


3 場所

オフライン(リアル)

みどり荘:東京都千代田区平河町2-5-3


オンライン(Web会議サービス)

 ・ 山口県西部森林組合:山口県下関市豊田町大字中村853番13

 ・ 株式会社シンラテック:山口県長門市日置中10758-131

※ 取材対応は、山口県西部森林組合のみ行います。

取材いただける際は、事前に担当までご連絡ください。


4 主催

林野庁

株式会社Spero※4


5 内容

予選(11チーム)および決勝(5チーム)の勝ち残り方式で、審査員に対しプレゼンを行います。受賞は最大2チームで、受賞者には最大200万円の事業化資金が提供されます。


6 問い合わせ先

山口県下関農林事務所森林部森林づくり推進課

担当:廣永 拓男

TEL:083-766-1182  FAX:083-766-1001

取材いただける際は、事前に担当までご連絡ください。


<参考>

※ 1  SUSTAINABLE FOREST ACTION2020:林野庁所管の事業。林業の課題解決に向け、林業人材と異分野人材から成るチームを編成し、約2ヶ月間をかけて新規事業の創出を図る。最終的に、投資家・事業会社などが参加する審査会で2ヶ月間の成果をプレゼンテーションし、優秀なチームには、事業化に向けた最大200万円の資金とさらなる事業化支援が提供される。

※ 2  山口県西部森林組合:河内(こうち)武二(たけじ)代表理事組合長。平成9年設立、職員・作業員計100名。業務内容は森林環境保全活動、林業・山村の活性化、組合員の経営安定化と情報共有。

※ 3 株式会社シンラテック:近藤(こんどう)友(とも)宏(ひろ)代表取締役。社名の由来は「森羅万象」と「テクノロジー」。製材業、木材加工業、一般建築業。

※ 4 株式会社Spero:高橋(たかはし)ひかり代表取締役 兼 CEO。林野庁から本事業を受託し、チームの選考、事業進行、メンタリング等を担う。speroはラテン語で希望を抱くという意。インキュベーション・アクセラレータープログラム提供、デザイン・実証実験、産学官連携など、主にソーシャル領域の新規事業開発を支援。


 


お問い合わせ先

山口県下関農林事務所森林部森林づくり推進課 長門農林水産事務所兼務
Tel:083-766-1182
Fax:083-766-1001
Mail:a17109@pref.yamaguchi.lg.jp