県道光上関線上関大橋の通行止めについて(第2報)

令和2年 (2020年) 11月 15日

本日の調査の状況を踏まえて、本日18時から、原則、緊急車両の通行を可能とします。

なお、その他の車両については、当面、全面通行止めとしますが、引き続き早期復旧に努めます。


1 調査実施者

国土交通省 中国地方整備局 道路部 道路構造保全対策官 梅木 寿明

国土交通省 中国地方整備局 中国道路メンテナンスセンター 技術課長 徳光 優

国土交通省 中国地方整備局 中国道路メンテナンスセンター 工務係長 難波 誠

山口大学 工学部 教授 麻生 稔彦

(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会 等


2 調査内容

 ・ 路面、桁内部、桁端部、橋座部の目視調査


3 調査結果

 ・ 路面やコンクリート桁内部等に異状は見受けられなかった。

 ・ 室津側の桁が20cm程度上がっており、支間中央部が1cm程度下がっ

ていた。


4 原因

原因の特定に至っていないため、引き続き調査を行う。



添付ファイル

■上関大橋記者配布位置図2.5.pdf (PDF : 319KB)

 


お問い合わせ先

道路整備課
Tel:083-933-3680
Fax:083-933-3689
Mail:a18200@pref.yamaguchi.lg.jp