普通展示 陶芸「三輪龍氣生展 ―龍人伝説―」のご案内

令和2年 (2020年) 12月 25日

1 会期

令和3年(2021年)1月2日(土曜日)から3月7日(日曜日)

【開館時間】9時00分から17時00分(入場は16時30分まで)

【休館日】1月12日(火曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)、2月1日(月曜日)、8日(月曜日)、22日(月曜日)

【観覧料】一般300円(240円) 学生200円(160円)

※ ( )内は20名以上の団体料金。70歳以上の方と18歳以下の方、および高

等学校・中等教育学校・特別支援学校に在学する生徒は無料。

※ 身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提

示者とその介護者(1名)は無料。


2 場所

山口県立萩美術館・浦上記念館 陶芸館1階 展示室7


3 展示内容

本年度開催された特別展示「三輪龍氣生展―行け、熱き陶の想いよ。」(会期:令和2年〈2020〉9月12日から12月20日)にあわせて、新たに《白昼夢》と《天よ》の2点が加えられた〈龍人伝説〉シリーズを紹介します。

三輪龍氣生(本名龍作、十二代休雪。昭和15年〈1940〉生まれ)が長年の構想を実らせたこの壮大なシリーズは、「龍人」という架空の人格(キャラクター)の生涯を叙事詩的に造形化することで、「時間」の流れを表現した作品群です。

ここでは、時とともに変化する「エロス(愛)」や「タナトス(死)」の様相が、龍人の生きざまとして物語られていますが、それぞれの場面で、わたしたちは龍人に自らの経験や内面を投影しながらその意味を読み取ることが可能です。

つまり〈龍人伝説〉は、ギリシャ神話最大の英雄ヘラクレスを語るスペクタクルでもありますが、わたしたちに開かれた物語—なまなまとした現実の「生」の風景でもあるのです。


4 問い合わせ先

山口県立萩美術館・浦上記念館

〒758-0074 萩市平安古町586-1

TEL 0838-24-2400/FAX 0838-24-2401

URL: https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/


※ 開館にあたっては、マスク着用や間隔を空けての観覧など、感染防止対策への御協力をお願いすることとしています。


5 主な展示品紹介

三輪龍氣生《天よ》2019年 個人蔵

三輪龍氣生《天よ》2019年 個人蔵


三輪龍氣生《白昼夢》2019年 個人蔵

三輪龍氣生《白昼夢》2019年 個人蔵


 


お問い合わせ先

文化振興課 文化環境班
Tel:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp