陸自木更津駐屯地に暫定配備予定のV-22オスプレイの岩国基地への陸揚げについて

令和3年 (2021年) 1月 22日

このことについて、本日(22日)、中国四国防衛局から説明があり、これを受けて、要請等を行いましたので、下記のとおりお知らせします。



1 日時

令和3年1月22日(金曜日)13時30分(電話)


2 相手方

中国四国防衛局企画部長 鍋田 克己(なべた かつみ)


3 対応者

総務部理事 藤田 昭弘(ふじた あきひろ)


4 国の説明内容

※ 別添 防衛省説明資料参照

○ 米国時間1月24日以降に、陸自木更津駐屯地に暫定配備するオスプレイ5機の海上輸送を開始する。

○ 当該船舶は、2月上旬から中旬頃、岩国基地の港湾地区に到着し、陸揚げされる予定。

○ 今回の陸揚げについて、船舶輸送状態のオスプレイの保護処置の解除及び飛行のための準備を行うことができる米軍施設としては、日本では岩国基地が最適であり、理解いただきたい。

○ 陸揚げ作業及び機体の点検・整備、試験飛行等においては、新型コロナウイルス感染拡大防止に万全を期す。

○ 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、作業の実施時期については未定であり、現時点ではオスプレイの木更津駐屯地への輸送時期は確定していない。

○ 輸送時期等の詳細については、状況の進展に応じ、改めて知らせる。


5 国への要請内容(口頭要請)及び回答

【要請内容】

○ 陸揚げ作業や試験飛行等に当たっては、日米合同委員会合意を遵守した運用を行うとともに、安全対策に万全を期すなど、地域住民に与える影響を最小限とすること。

○ 国外からの輸送であることから、新型コロナウイルスの感染防止に十分に配慮すること。

○ 今後の陸揚げ予定について、決まり次第、日程や内容等の情報提供をすること。

○ 国内配備機の今後の陸揚げについて、岩国での実施を通例としないよう配慮するとともに、岩国で実施しようとする場合においては、岩国である必要性について、あらかじめ十分な情報提供をすること。

【回答内容】

要請のあった事項も踏まえ、日米間で連携を図りながら、引き続きしっかり対応してまいる。



添付ファイル

(防衛省説明資料)陸自オスプレイの輸送について.pdf (PDF : 160KB)

 


お問い合わせ先

岩国基地対策室
Tel:083-933-2349
Fax:083-933-2489
Mail:a109002@pref.yamaguchi.lg.jp