アナグマの巣穴をのぞいてみよう!
-県立山口博物館で「里山の動物観察会」を開催-

令和3年 (2021年) 2月 19日

市街地近郊の里山には、タヌキ、アナグマ、キツネなどの哺乳類が暮らしています。里山の森を歩くと、タヌキのトイレである“ためフン場”、イノシシが泥浴びをする“ヌタ場”、アナグマやキツネやタヌキが出産・育児に使う“巣穴”などがみつかります。また、フンからタヌキは何を食べているのか、イノシシは“ヌタ場”をどのぐらいの頻度で利用しているのか、巣穴周辺の状況から動物の生活の一端をのぞくことができます。これらの痕跡を調べることにより哺乳類の生態について学びます。


1 日 時

令和3年3月21日(日曜日) 9:30~12:30

※ 雨天の場合は中止します。


2 場 所

集合場所:県立山口博物館別館2階講座室

観察場所 :博物館近郊の里山


3 内 容

里山の動物たちについての講義、里山の動物観察


4 講 師

田中(たなか) (ひろし)(県立山口博物館)

県立山口博物館動物サポーター


5 対 象

野生動物の調査や観察に興味や関心のある方

※ 小学生以下は保護者同伴のこと


6 定 員

10組最大20名

※ 3密防止のため、定員を少なくしています。


7 参加費

無料


8 その他

(1) 会場では、消毒液の設置、ソーシャルディスタンスへの配慮など新型コロナウイルス感染拡大防止対策を取ります。

(2) 参加者には、事前の検温や会場内でのマスクの着用をお願いします。

(3) 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今後の状況次第で対応の変更や中止する場合があります。中止の場合は、参加者に速やかに連絡します。


9 参加申込

往復ハガキに住所、氏名、年齢(学年)、小学生以下の場合は保護者氏名、連絡先電話番号を明記し、3月11日(木曜日)までに山口博物館へ申し込む(当日必着)。ホームページ上からも申し込み可能。希望者多数の場合は、抽選とします。

結果は、3月16日(火曜日)までにご連絡します。


〈申込・問い合わせ先〉

〒753-0073 山口市春日町8-2 (TEL 083-922-0294)

山口県立山口博物館「里山の動物観察会」係

http://www.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/


 


お問い合わせ先

山口博物館
Tel:083-922-0294
Fax:083-922-0353
Mail:a50701@pref.yamaguchi.lg.jp