平成30年度市町民経済計算について

令和3年 (2021年) 3月 31日

市町民経済計算は、県民経済計算の結果を基に市町内総生産、市町民所得等を推計するもので、平成30年度市町民経済計算の結果は下記のとおりです。


1 要旨

 ・ 市町内総生産は、下関市が9,625億円と最大(県全体の15.1%)で、光市(15.2%増)をはじめ13市町で増加し、周南市(8.4%減)をはじめ6市町で減少。県全体で0.4%増。

 ・ 人口1人当たり市町民所得は、周南市が440万1千円で最大。県平均は320万3千円。


(1) 市町内総生産

ア 市町内総生産 (県計 6兆3,746億円)

市町内総生産の県全体に占める割合は、下関市、周南市、山口市、宇部市、防府市、岩国市、光市、山陽小野田市で高く(5%以上のもの)、この8市で県全体の82.5%を占めている。


イ 対前年度増加率 (県全体 0.4%増)

市町内総生産の対前年度増加率は、製造業が増加した光市をはじめ、阿武町、下松市、和木町等13市町で増加し、製造業が減少した周南市等6市町で減少している。


(2) 市町民所得(分配)

ア 市町民所得 (県計 4兆3,834億円)

市町民所得の県全体に占める割合は、下関市、山口市、周南市、宇部市、岩国市、防府市で高く(5%以上のもの)、この6市で県全体の76.3%を占めている。


イ 人口1人当たり市町民所得 (県平均320万3千円)

人口1人当たり市町民所得が県平均以上の市町は6市町で、周南市、和木町、下松市、山陽小野田市、防府市、山口市となっている。

なお、周南市の1人当たり市町民所得は、最も小さい周防大島町の2.6倍となっている(平成29年度は、最も大きい周南市が最も小さい周防大島町の2.6倍)。


2 その他

市町の区分は、平成30年度末現在の行政区画(19市町)によっています。

なお、「平成30年度市町民経済計算の概要」及び詳細な統計表は、県ホームページに掲載しています。



関連リンク

平成30年度市町民経済計算 (別ウィンドウ)
(https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12500/sityoumin/index.html)

 


お問い合わせ先

統計分析課 調査分析班
Tel:083-933-2663
Fax:083-933-2669
Mail:a12500@pref.yamaguchi.lg.jp