内閣府「2020年度課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」の成果について

令和3年 (2021年) 3月 29日

山口県産業技術センターでは、「衛星データ解析技術研究会」を設置し、衛星データ活用による新事業創出に向けた取組を進めています。

このたび、研究会会員をメンバーとするプロジェクトチームが、内閣府「2020年度課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」を実施し、下記のとおり成果が得られたので、お知らせします。

【成果概要等】

● 提案事業名

宇宙と地上の新しい計測手法による都市計画基本図更新手法の実証

● 成果概要

現在は空中写真測量が主流である都市計画基本図の更新手法について、衛星画像データと地上測量データを組み合わせた新たな更新手法を確立した。

※ 詳細は別紙を参照

〔新たな手法による効果〕

公共測量作業規程準則に定める精度を満たしつつ、都市計画基本図更新に係るコストを削減することが可能。

● 実証チーム構成

 ・ (一財)リモート・センシング技術センター※代表

 ・ (株)NTTデータ

 ・ 中日本航空(株)

 ・ (株)ニュージャパンナレッジ

 ・ 山陽小野田市

 ・ (地独)山口県産業技術センター


《参考》課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシンク゛テ゛ータ利用モテ゛ル実証フ゜ロシ゛ェクト

 ・ 実施主体:一般財団法人日本宇宙フォーラム(内閣府委託事業)

 ・ 事業内容:先進的な衛星データ利用モデルの実証プロジェクトを公募し、採択された事業は委託契約を締結

 ・ 事 業 費:1件あたり上限2,000万円(税込)/年 ※タイプ2



添付ファイル

成果概要.pdf (PDF : 201KB)

 


お問い合わせ先

新産業振興課
Tel:083-933-3143
Fax:083-933-3159
Mail:a16900@pref.yamaguchi.lg.jp