「タマネギべと病の発生状況と防除対策」の技術資料を発表しました。

令和3年 (2021年) 4月 16日

1 概要

山口県農林総合技術センター(山口県病害虫防除所)の現地巡回調査結果では、タマネギべと病の発生ほ場が多い状況でした。令和3年2月26日に注意報を発表し注意を呼びかけておりましたが、今後もタマネギべと病の発生拡大が懸念されることから、技術資料を発表し防除対策の徹底を呼びかけています。


2 情報提供方法

情報は山口県農林総合技術センター(山口県病害虫防除所)のホームページ

https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a17201/nougyou/shigen/index00.html

で提供しています。併せて、病害虫の発生予察情報メール配信登録者に配信しています。


3 問い合わせ先

山口県農林総合技術センター 農業技術部 資源循環研究室(山口県病害虫防除所)

担当 吉原 茂昭(よしはら しげあき)(TEL 083-927-4006)


<参考>タマネギベと病について

タマネギベと病は、病原菌のカビが10月~12月頃に感染し、春に発病した越年罹病株が伝染源となって二次感染して拡大する。越年罹病株は最終的に衰弱・枯死し、二次感染株は葉に病斑ができ、被害が進むと葉が枯れて大きく減収する。


   


 


お問い合わせ先

農林総合技術センター
Tel:083-927-4006
Mail:a17201@pref.yamaguchi.lg.jp