特別展示「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ 
―日本を夢見たヨーロッパ工芸」展のご案内

令和3年 (2021年) 4月 20日

1 会期

令和3年(2021年)4月24日(土曜日)~6月20日(日曜日)

【開館時間】9時00分から17時00分(入場は16時30分まで)

【休館日】月曜日、ただし5月3日、6月7日は開館

【観覧料】一般1,500円(1,300円)  学生1,300円(1,100円) 、70歳以上1,200円(1,000円)

※ (  )内は前売り及び20名以上の団体料金。18歳以下の方と高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒は無料。

※ 身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。

※ 同時開催中の普通展示もご覧いただけます。


2 場所

山口県立萩美術館・浦上記念館 本館2階展示室


3 概要

(1) 展示内容

19世紀後半、日本の文物がヨーロッパに流入したことで熱狂を巻き起こした「ジャポニスム」は西洋の工芸品やデザインに影響を与えました。その影響は当時の西洋諸国を席巻していたアール・ヌーヴォー様式にも大いに見られます。ジャポニスムが流行のスタイルとなった一方、ヨーロッパ諸国の工芸美術館は日本の漆工芸や陶磁器を収集しました。ブダペスト国立工芸美術館も1872年の開館当初から日本の美術品を積極的に収集してきたのです。

本展は、日本の美術がどのようにして西洋に影響を与えたか、そして日本美術を西洋がどのように解釈したか、その歴史を辿るものです。ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、ブダペスト国立工芸美術館の所蔵品から、ティファニー、ガレ、ドーム兄弟などの名品とともに、ジョルナイ陶磁器製造所などハンガリーを代表する作品群を含めて約170点を紹介します。


(2) イベント

 ・ 講演会 <要事前予約>

【日時】5月22日(土曜日) 13:30~15:00

【会場】本館講座室

【定員】40名(電話にて予約〈申込受付順〉)

※ 事前予約について、電話(0838-24-2400)にて、参加者全員の氏名・年齢・代表者の日中の連絡先(電話番号)をお知らせください。


 ・ ギャラリー・ツアー <要事前予約・要観覧券>

担当学芸員の展示案内です。

【日時】4月25日(日曜日)、5月2日(日曜日)、16日(日曜日)、6月6日(日曜日)、20日(日曜日)

11:00~12:00

【会場】展示会場

【定員】20名(電話にて予約〈申込受付順〉)

※ 事前予約について、電話(0838-24-2400)にて、参加者全員の氏名・年齢・代表者の日中の連絡先(電話番号)と参加希望日をお知らせください。


4 問い合わせ先

山口県立萩美術館・浦上記念館

〒758-0074 萩市平安古町586-1 TEL 0838-24-2400/FAX 0838-24-2401

URL: https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/


※ マスク着用や間隔を空けての観覧など、新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力をお願いすることとしています。


 


お問い合わせ先

文化振興課 文化環境班
Tel:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp