萩市松本川でシロウオの産卵状況を調査します

令和3年 (2021年) 4月 20日

1 目 的

萩市内を流れる阿武川の支流・松本川の下流では、毎年3月頃にシロウオが産卵のために遡上します。この時期に行われる「シロウオ漁」は春の風物詩であり、地元ではシロウオ祭りが開かれるなど、シロウオは地域にとって大切な資源となっています。

県水産研究センターでは、萩白魚(しろうお)組合(※)の要請を受け、昭和44年から毎年、同河川においてシロウオの産卵状況を調査しています。


※ 萩白魚組合

シロウオ漁を行う漁業者によって組織された任意団体。シロウオ資源の増大を図るため、漁場造成にも取り組んでいる。(代表者:井(い)町(まち) 広(ひろ)満(みつ)氏、組合員数:7名)


2 内 容

(1) 調査日時:令和3年4月27日(火曜日) 午後1時から午後4時まで

(予備日:4月28日(水曜日) 同時刻)

(2) 調査場所:萩市松本川下流域(中津江橋から萩橋までの区間)

(3) 実施者:萩白魚組合、県水産研究センター

(協力)県水産振興課、県萩農林水産事務所

(4) 調査内容:

川底の小石をシャベルで採取し、小石に産み付けられた卵の数量を調べます。


【参考:シロウオについて】

 ・ シロウオは全長5cmほどの透明なハゼ科の魚類で、通常は海の沿岸域に生息します。

 ・ 産卵期(3~4月頃)になると河川に遡上し、下流域の石に卵を産み付けます。

 ・ 産卵後、メスは死にますが、オスは卵がふ化するまでの2~3週間、卵を保護してから死ぬと言われています。


3 取材対応について

(1) 対応日時:調査当日 午後2時

(2) 集合場所:松陰大橋付近の駐車場【裏面地図参照】

(3) 注意点:

 ・ 調査に使用する小型船舶への乗船はできません。

 ・ 川に入って撮影される場合には胴長が必要となります。

 ・ 荒天、増水の場合は調査を延期します。調査当日の午前9時に判断しますので、事前にお問い合わせください。


4 問い合わせ先

県水産研究センター外海研究部 増殖加工ク゛ルーフ゜ 担当:柿(かき)並(なみ)

電話:0837-26-0711



添付ファイル

地図.gif (GIF : 197KB)

卵を保護していたシロウオの親魚.gif (GIF : 92KB)

石に産み付けられたふ化直前の卵.gif (GIF : 60KB)

 


お問い合わせ先

水産研究センタ−
Tel:0837-26-0711
Fax:0837-26-1042
Mail:a16402@pref.yamaguchi.lg.jp