報道発表

県立室積公園(国指定天然記念物 峨嵋山樹林(がびさんじゅりん):光市)での樹木の損傷等被害の発生について

令和3年 (2021年) 6月 15日

県立室積公園内(光市)で、人為的な樹木の損傷等被害の発生を確認したのでお知らせします。

1 事案の概要

(1) 発生場所

県立室積公園(光市室積:国指定天然記念物(峨嵋山樹林(がびさんじゅりん))内)

(2) 発生確認日

令和3年6月1日

(3) 発見者

自然公園指導員(県委嘱)

(4) 被害の状況

公園内の広範囲(0.49ha)にわたり、207本の樹木(行政財産)が、切込みされたり、ドリルで穴を開けられ、伐倒又は枯死


2 県の対応

詳細調査の実施(6月7日)

光警察署へ通報(6月10日)※

被害区域への立入禁止措置の実施(6月11日)

地元や近隣小学校への注意喚起(6月11日)

文化財保護法に基づく天然記念物のき損の届出(6月15日 提出先:文化庁)

※ 今後光警察署で捜査の見込み(文化財保護法違反等)


3 今後の対応

関係機関と連携し、損傷した樹木の撤去や保全措置を実施


<参考:県立室積公園(国指定天然記念物 峨嵋山樹林)について>

昭和 7年4月 国が、天然記念物(暖地性の常緑樹林よりなる瀬戸内海西部沿岸の代表的な樹林)として指定

昭和23年8月 県が県民の保健、休養及び教化に資するために県立公園として設置


 


お問い合わせ先

自然保護課自然共生推進班
Tel:083-933-3060
Fax:083-933-3069
Mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る