報道発表

「令和3年度熱中症による救急搬送状況」の県ホームページによる公表について

令和3年 (2021年) 6月 24日

毎年、山口県内では7月~8月に熱中症が多く発生しており、熱中症の予防が非常に大切になります。

ついては、今年度も県のホームページを活用し、熱中症への注意喚起を実施するとともに、熱中症による救急搬送件数 (速報) を公表します。


1 公表方法

県消防保安課のホームページ 「熱中症にご注意を!」

(県庁トップページ → くらし・環境 → 消防・防災 → 救急 →「熱中症にご注意を!」)


2 公表期間

令和3年7月1日(木曜日)から8月31日(火曜日)の間

(8月31日分を9月1日(水曜日)に公開して終了)


3 公表時刻(HP更新時刻)

毎日(土日祝日を除く)17時30分頃

※ 土日祝日分の搬送状況は、翌開庁日の17時30分頃に公表。


4 熱中症による救急搬送状況の公表に係る留意点

熱中症による救急搬送状況は、搬送者の症状について医師が診断した後(初診結果)、その結果を救急隊が聴取し取りまとめるものであり、熱中症の初診には時間がかかる場合があることから、当初公表後に診断結果が確定された場合は翌公表日に変更(追加)することとなります。


(参考)令和2年度(7/1~8/31)の「熱中症」による救急搬送の状況(県内)
~5歳~5歳6~18歳6~18歳19~64歳19~64歳65歳~65歳~合計合計合計
全体
1人2人24人23人121人44人158人131人304人200人504人

5 熱中症予防について

今夏も、新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」よる生活環境下で、熱中症予防を心掛けることが必要となります。


 ・ 暑さを避けつつ、屋内では、感染症予防のため、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調節しましょう。

 ・ 水分補給は、のどが渇く前からこまめに行いましょう。

 ・ 日頃から体温測定や健康チェックを行い、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

 ・ 水分補給をしつつ、無理のない範囲で適度な運動を行い、暑さに備えた体作りをしましょう。

 ・ マスク着用は気温・湿度の高い中では注意が必要ですが、一方で感染防止対策において非常に重要です。マスクを外す際は、2メートル以上の十分な距離をとって休憩するなど、十分配慮しましょう。

 ・ 高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。


 


お問い合わせ先

消防保安課
Tel:083-933-2399
Fax:083-933-2408
Mail:a11600@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る