報道発表

保育園児と一緒にカサゴ種苗およびマダイ種苗を放流します

令和3年 (2021年) 7月 9日

1 主旨

須佐地区の一本釣漁業者等で組織される「須佐一本釣船団」では、水産資源の維持・増大を目的として、種苗放流等の活動に取り組んでいます。

今回はこの一環として、(一社)日本釣用品工業会(※1)及び(公社)山口県栽培漁業公社(※2)と連携し、地元保育園児を迎え、カサゴ及びマダイの種苗放流を行います。

※ 1(一社)日本釣用品工業会:釣り用品製造に関する法人等を構成員とする団体で、稚魚の放流を全国で展開

※ 2(公社)山口県栽培漁業公社:山口県の栽培漁業推進の中核組織として、県及び地域の栽培漁業推進協議会と連携を取りながら、栽培漁業に関する諸事業、種苗生産を実施


2 内容

(1) 日時及び場所

① 日時:令和3年7月14日(水曜日)午前10時から

② 場所:山口県漁業協同組合須佐支店(萩市大字須佐4740番地10)

須佐支店前岸壁(下図参照)

(2) 主催者・放流者

① 主催者:

須佐一本釣船団(代表:一木(いちき)清久(きよひさ))

② 放流者:

須佐一本釣船団 漁業者

田万川保育園 園児約45名

(3) 放流尾数

マダイ種苗500尾(全長50mm)およびカサゴ種苗250尾(全長50mm)

※ 少雨決行。ただし、荒天の場合は中止になることがありますので、須佐一本釣船団事務局までお問い合わせください。

※ 報道取材をされます方は、常時マスクを着用し、取材相手と十分な距離を確保するなど、新型コロナ対策の徹底をお願いします。


3 問い合わせ先

① 須佐一本釣船団事務局(山口県漁協須佐支店)担当:宅野(たくの)(TEL:08387-6-2311)

② 山口県萩農林水産事務所 担当:齋藤(さいとう)(TEL:0838-25-3377)


4 放流場所


 


お問い合わせ先

萩農林水産事務所
Tel:0838-25-3377
Fax:0838-25-3337
Mail:a17111@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る