報道発表

令和3年度第1回漁業士研修会の開催について

令和3年 (2021年) 7月 12日

1 概 要

漁業士(※1)及びその候補者が、青壮年部活動や地域活動等の中核となり、さらには共同経営化や法人化など新たな経営形態への転換の牽引役として力を発揮できるよう、その資質向上を図るとともに、県下各地域の漁業士の連携体制を構築することを目的に標記研修会を以下のとおり開催します。


2 開催日時・場所

令和3年(2021年)7月17日(土曜日)13時30分から16時40分

セントコア山口 サファイアの間(山口県山口市湯田温泉3丁目2−7)


3 主 催

山口県


4 研修概要

時 刻内   容
13時30分から13時35分開講
主催者挨拶・研修ガイダンス
13時35分から14時35分
(60分)
講義
①「漁業士制度と漁業士に期待すること」
②「県の担い手確保・育成に係る施策について」
14時35分から14時45分
(10分)
(休憩)
14時45分15時35分
(50分)
講演
「担い手の確保育成のあり方に関する検討」
  水産大学校 大谷 誠 准教授
15時35分から16時35分
(60分)
グループ討議・発表
※コロナ感染症の状況によっては、内容が急遽変更となる場合がございます
16時35分から16時40分閉講

5 受講者数

14人(会場収容人数 90名)


6 参考

漁業士(※1)制度について

① 昭和61年度に水産庁が創設した制度であり、各地域の漁村研究グループのリーダーや地域漁業振興の中核的漁業者となり得る青年、現に自ら優れた漁村青少年の育成に指導的役割を果たしている中核的漁業者を、都道府県が漁業士として育成・認定する制度。

② 漁業士には、「青年漁業士」及び「指導漁業士」の2種類があり、青年漁業士は、若手漁業者の中核として活躍している又は活躍が期待される40歳未満の漁業者。

指導漁業士は、地域漁業の振興に貢献し、かつ、漁業青年等の指導的役割を果たしている40歳以上70歳未満の漁業者。

③ 山口県では、制度が始まった昭和61年度以降、青年漁業士として60人を、指導漁業士として110人を認定。

④ 令和3年4月1日現在では、青年漁業士11人、指導漁業士77人が在籍。


 


お問い合わせ先

水産振興課
Tel:083-933-3546
Mail:a16500@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る