報道発表

令和3年度 山口県原子力防災訓練の実施について

令和3年 (2021年) 10月 8日

このことについて、下記のとおり実施しますのでお知らせします。

本訓練は、山口県地域防災計画(原子力災害対策編)に基づき、四国電力伊方発電所における原子力災害を想定し、愛媛県原子力防災訓練にあわせ、一体的に実施するものです。

1 日時

令和3年10月15日(金曜日) 8時30分から12時00分


2 主催

山口県、上関町


3 訓練の想定

○ 地震により、伊方発電所3号機の原子炉が自動停止した後、電源の喪失や冷却材の漏えいが発生し、注入不能

○ 原子炉の冷却が不十分な状態となり、炉心温度が上昇したことにより、原子炉格納容器が破損し、放射性物質が発電所周辺地域に放出


4 訓練のねらい

(1) 緊急事態応急対策の手順等の確認・習熟

県及び上関町において災害対策本部運営訓練を実施し、関係機関と緊急事態応急対策の手順等の確認・習熟を図る。

(2) 原子力防災関係機関との連携強化

愛媛県に設置される緊急時モニタリングセンター(EMC)に職員を派遣し、運営に参画する等、関係機関と相互に連携した対応の強化を図る。


5 主要参加機関

柳井地区広域消防組合消防本部、県警警備課、陸上自衛隊第17普通科連隊、徳山海上保安部、下関地方気象台、八島地区自治会


6 訓練の概要

(1) 緊急時通信連絡訓練
実施主体県(防災危機管理課)、上関町、関係機関
実施場所災害対策室(防災危機管理課) ほか
訓練内容原子力災害に係る通報等を県地域防災計画に定める情報伝達系統図に従って関係機関へ連絡するとともに、現場からの情報収集を実施。
(2) 災害対策本部運営訓練
実施主体県(防災危機管理課)、上関町
実施場所災害対策室(防災危機管理課)
訓練内容原子炉自動停止等の異常事象に関し、愛媛県や四国電力等、関係機関と情報共有するテレビ会議に参加。【理事(危機管理担当)対応】※テレビ会議は、9時00分頃(愛媛県等)、10時10分頃及び11時30分頃(上関町)に実施。
(3) 緊急時モニタリング実施訓練
実施主体県(環境政策課、環境保健センター、柳井健康福祉センター)
実施場所緊急時モニタリングセンター(愛媛県西予市)、上関町八島 ほか
訓練内容「山口県緊急時モニタリング計画」に基づき、緊急時モニタリングセンター(愛媛県)へ職員を派遣し、運営に参加するとともに、上関町八島の空間放射線量率等の監視を強化。
(4) 住民情報伝達・屋内退避訓練
実施主体上関町
実施場所上関町役場、上関町八島
訓練内容「上関町原子力災害時避難行動計画」に基づき、住民に対する警戒広報、屋内退避指示等の情報伝達を実施。※屋内退避指示訓練は、9時30分頃実施
(5) 緊急被ばく医療本部運営訓練
実施主体県(厚政課、医療政策課、医務保険課、健康増進課、薬務課、柳井健康福祉センター)、上関町
実施場所緊急被ばく医療本部(厚政課)、上関町総合文化センター
訓練内容「山口県緊急被ばく医療活動マニュアル」に基づき、緊急被ばく医療本部を県に設置。上関町総合文化センターにて、救護所設置・運営の訓練を実施。(感染症流行下を想定した実技訓練を、10時30分~11時00分の間で実施)

7 その他

○ 県内に気象警報が発表されるなど、災害が発生又は発生するおそれがある場合は中止することがあります。訓練の中止は、当日午前7時30分に決定することとしておりますので、ご不明の場合は防災危機管理課まで、お問い合せください。

○ 取材の際には、貴社の腕章・マスクの着用をお願いします。

○ 上関町総合文化センターでの取材については、「3密」を回避する観点から、10:30~11:00の間でお願いします。なお、感染防止の観点から、少人数での取材への御協力をお願いします。


【訓練当日のお問い合せ先】

◇ 住民情報伝達・屋内退避訓練

上関町総務課 上良主事(電話0820-62-0311)

◇ 緊急被ばく医療本部運営訓練

県厚政課 大野主査(電話083-933-2710)

◇ 緊急時モニタリング実施訓練

県環境政策課 山本主査(電話083-933-3034)

◇ 上記以外

県防災危機管理課 稲垣主任(電話083-933-2370)


 


お問い合わせ先

防災危機管理課 危機対策班
Tel:083-933-2370
Fax:083-933-2408
Mail:a10900@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る