報道発表

宇部・美祢地域の農業女子研修会を開催します
~管内で活躍する女性農業者を訪問~

令和3年 (2021年) 10月 13日

1 件名

宇部・美祢地域の農業女子研修会を開催します

~管内で活躍する女性農業者を訪問~


2 趣旨

美祢農林水産事務所では、管内の若手女性農業者のキャリアアップを図るため、経営力の向上に向けた研修や、メンバー同士の仲間づくりを支援しています。

このたび、管内で活躍している女性農業者から、労務管理や販売管理、地域とのつながり等について学びます。


3 日時

令和3年10月20日(水曜日) 午前10時から午後1時まで


4 内容

時 間内 容場 所
10時から12時視察①まこっこ農園 才木祥子(さいきしょうこ)氏(取組紹介等)
・トマト、白ネギの栽培について
・労務管理や販売管理の工夫
・地域や仲間とのつながり
小野ふれあいセンター
(宇部市小野山根8294番地)
12時から13時視察②小野特産手づくりグループ(取組紹介、昼食)
・地域農産物を活用した加工品開発等
・地域に根ざした食堂運営について
あすなろ食堂(小野特産手づくり加工所)
(宇部市小野下小野8265-22)

5 参加者

宇部市・美祢市・山陽小野田市の若手女性農業者、関係機関 約10名


6 主催

山口県美祢農林水産事務所


7 問い合わせ先

山口県美祢農林水産事務所 農業部 松田・田中(TEL 0837-54-0037)


8 参考

(1) まこっこ農園 才木祥子氏

2009年4月に夫婦で就農し、ミニトマト、白ネギ、スナップエンドウ他野菜(露地、施設 計1ha)を栽培。。祥子氏は、渉外及び販売管理・労務管理を担当。2016年に新規就農者5軒の出荷販売グループ「情熱農家プロジェクトtoppin」を立ち上げ、コープやまぐち店内に直売の常設コーナーを設置した。

モットーは「食べることは生きること、生きることは食べること」。


(2) 小野特産手づくりグループ

1986年に、農家の主婦31名で設立。地域農産物を活用した特産品(お茶中華ちまき、あすなろ寿司、輿割漬(こしわりづけ)等)の開発や販売、食堂(あすなろ食堂)運営を行ってきた。(現在、会員21名、食堂と一部加工品は休止中。イベントや注文での販売中心。)



添付ファイル

小野ふれあいセンター他 地図.xlsx (Excel : 23KB)

 


お問い合わせ先

美祢農林水産事務所
Tel:0837-54-0037
Mail:a17106@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る