報道発表

小林愛実(こばやしあいみ)さんへの山口県文化特別褒賞の授与について

令和3年 (2021年) 11月 9日

1 趣旨

第18回ショパン国際ピアノ・コンクール4位入賞の功績を讃えるとともに、今後の更なる活躍を期待して「山口県文化特別褒賞」を授与する。


山口県文化特別褒賞(概要)
対 象 者県内に居住する方、若しくは主たる事務所を有する団体又はこれら以外のもので山口県に特に縁故がある者若しくは団体で芸術文化において、国内外で権威がある栄誉を受けた方
表彰方法表彰状及び副賞を授与

〇表彰理由

世界で最も権威のあるピアノコンクールの1つ「ショパン国際ピアノ・コンクール」に、平成27年と本年の2大会連続で本選に進出。今大会では世界4位の実績を上げ、世界を舞台に今後一層の活躍が期待される若手ピアニストであり、本賞にふさわしい実力と実績を備えている。

また、今回の受賞は、各種メディアで「本県出身のピアニスト」として大きく取り上げられ、後進に与える影響は大きく、本県文化の振興に多大に寄与している。


2 受賞者

氏  名小林 愛実(こばやし あいみ)
職  業ピアニスト(26歳)
出  身宇部市(旧楠町)
表彰理由第18回ショパン国際ピアノ・コンクール 第4位入賞 ⇒ 山口県出身者として初の快挙

3 授与式

日時:令和3年12月27日(月曜日)13時30分から13時50分

場所:知事応接室(県庁)


《参考》

〇ショパン国際ピアノ・コンクール(主催:ポーランド国立ショパン研究所)

1927年から5年毎に開催(第2次世界大戦中を除く)される、世界で最も権威のあるピアノコンクールの1つ(※)で、一流ピアニストへの登竜門ともいわれる。

前大会までの邦人入賞者(6位以内):10人

うち、2位:1人 3位:1人 4位4人


※ 世界三大ピアノコンクール

① ショパン国際ピアノ・コンクール ②エリザベート王妃国際音楽コンクール

③ チャイコフスキー国際コンクール


 


お問い合わせ先

文化振興課
Tel:083-933-2610
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る