報道発表

「令和3年度 卓越した技能者(現代の名工)表彰」伝達式について

令和3年 (2021年) 11月 24日


令和3年度卓越した技能者(現代の名工)表彰の伝達式を下記のとおり行います。


1 日時

令和3年11月29日(月曜日) 14時から14時20分


2 場所

山口県庁3階 知事応接室


3 受賞者の概要


氏名・年齢荒木 泰司(あらき やすじ)  58歳(R3.11.1現在)
職種建築大工
所属ウッド・アート(下関市)
技能功績の概要日本古来の「規矩術(きくじゅつ)」※に精通し、建築大工として卓越した知識と技能を有している。社寺建築、修繕の伝統的な木造建物の建築技能に優れ、県内外の建築にも携わり業界内で高い評価を得ている。数々の技能競技大会で優秀な成績を修めた自らの経験をもとに、技能五輪出場選手等を対象とした訓練指導を行っている。主席技能検定委員、認定職業訓練校における指導員、ものづくりマイスターを務めるなど、後進育成や伝統技能の継承にも尽力している。

※ 大工の技術の一つで木造建築物の仕口・継ぎ手その他の接合部分など、部材の形状全般を「規」及び「矩」によって作り出す手法。「規」はコンパス、「矩」は曲尺や定規を意味する。


4 次第

(1) 表彰状・盾伝達、記念品贈呈

(2) 知事お祝いのことば

(3) 記念写真撮影


(参考) 

厚生労働省では毎年11月の「人材開発促進月間」(11月1日から11月30日まで)の主要行事として、卓越した技能者の表彰を行っています。

この表彰は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰し、技能者の地位と技能水準の向上を図るとともに、技能の世界で活躍する職人や技能の世界を志す若者に目標を示し、精進する気運を高めることを目的として、昭和42年度から実施されており、これまでの本県の被表彰者は、本年度を含めて65名となります。


◇過去5年間の被表彰者数
29年度30年度元年度2年度3年度
1名0名2名2名1名

 


お問い合わせ先

労働政策課
Tel:083-933-3234
Fax:083-933-3229
Mail:a15900@pref.yamaguchi.lg.jp

ページの先頭に戻る