ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > Y-BASE&デジテックforYAMAGUCHI > イベントについて > これまで開催したイベント等について > Y-BASEイベント ワークショップ「ラーメン×Tableau ~山口のラーメン情報をTableau で見てみよう!~」の開催について

本文

Y-BASEイベント ワークショップ「ラーメン×Tableau ~山口のラーメン情報をTableau で見てみよう!~」の開催について

ページ番号:0169315 更新日:2022年8月9日更新

データの可視化は、課題の分析・共有等に向けて、数値情報だけでは把握しにくい現象や関係性、変化などを明確化できる、データ活用社会におけるニーズの高いスキルです。
このたび、全2回にわたり、データ可視化ツール「Tableau(タブロー)」を使って、多くの方の関心を集める「ラーメン」をテーマに、ツールの使い方を学びながら本県のラーメンに関する嗜好やお店等のデータを可視化・分析するワークショップを開催することとし、下記のとおり第1回ワークショップの参加者を募集します。

1 日時

  令和4年8月25日(木曜日)19時00分から21時00分
  (第2回は令和4年9月17日(土曜日)午後の予定:後日募集)

 

2 対象

  どなたでも参加可能です。
  データ分析に興味のある方、初めてTableauを触ってみたい方におすすめです。

 

3 開催方式及び定員

  Y-BASEでの現地参加:先着20名 / オンライン参加:先着15名

 

4 内容

  〇 Tableauの使い方の説明(ハンズオン)
  〇 Tableauで答えるクイズ
  〇 Viz(※)をつくってみようワークショップ(全国のラーメン店等のデータを活用)
   ※ Viz(ビズ) : Tableauで作成したビジュアライズされたグラフや表のこと
    (第2回は、アンケート結果に基づく、本県のラーメンに関する嗜好やお店等のデータ分析を行う予定)

5 Tableauについて

   分かりやすい操作で様々な観点からデータを可視化できるツールで、Y-BASEのICT環境「Y-Cloud」にも備えています。本イベントは、広島県を主な拠点に様々なデータを紐解く活動をされている有志「中国Tableau ユーザー会」とコラボレーションして開催します。

 

6 申込方法

  申込フォーム <外部リンク>からお申込みください。

  リーフレット (PDF:2.06MB)


やまぐちDX推進拠点「Y-BASE」とDX推進官民協働フォーラム「デジテックforYAMAGUCHI」での活動等に関する情報をまとめています
「やまぐちAI Quest」等のデジタル人材育成事業については別ページで御案内しています

<Y-BASEの外部サイトリンク>
Y-BASEのロゴ<外部リンク>

<デジテック for YAMAGUCHIの外部サイトリンク>
デジテックforYAMAGUCHIのロゴ<外部リンク>

<運営事務局noteへのリンク>
noteへのリンク<外部リンク>