ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山口県警察本部 > 交通安全 > 交通安全のお知らせ > 「横断歩道ハンドサイン運動」に参加しましょう!

本文

「横断歩道ハンドサイン運動」に参加しましょう!

ページ番号:0160724 更新日:2022年6月22日更新

「横断歩道ハンドサイン運動」とは

 信号機のない横断歩道において、歩行者による手上げ横断の合図(渡ります)と、ドライバーによる横断しようとする歩行者に対する合図(お先にどうぞ)を周知徹底し、横断歩道における交通事故を防止することを目的とした運動です。
 令和4年7月11日(月曜日)から開始しますので、積極的な参加をお願いします。

横断歩道で歩行者とドライバーが合図を出しているイラスト

歩行者の方は…

 横断歩道を渡るとき、ドライバーに対し、手を上げる・顔を向けるなどの合図を出して横断する意思をしっかりとアピールしましょう。
 車が停止した後も、左右の確実な安全確認を行いましょう。
 手を上げることができないときは、顔や体を向けるなどして横断の意思をアピールしましょう。

ドライバーの方は…

 横断歩道の手前で確実に停止した後に、横断しようとする歩行者に対し、手を差し出すなどの合図を出しましょう。

県警公式YouTubeをチェック!

 県警公式YouTubeにて、「横断歩道ハンドサイン運動」についての動画を掲載しております。
 そちらも併せてご覧ください。
 ※ 県警公式YouTube「横断歩道ハンドサイン運動について」<外部リンク>