ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 農林水産部 > ぶちうまやまぐち推進課 > 地域食農連携プロジェクト(LFP)の概要について

本文

地域食農連携プロジェクト(LFP)の概要について

ページ番号:0021963 更新日:2021年11月1日更新

地域食農連携プロジェクト(LFP)推進事業について

 山口県では、本県の農林水産物等の地域資源を活用した持続的なローカルフードビジネスを創出する取組である地域食農連携プロジェクト(LFP)を推進しています。

地域食農連携プロジェクト(LFP)推進事業

 この事業は、地域内外の多様な関係者が協働して、産業連携や異業種等の技術や知の集積を融合することによるイノベーションの誘発、消費者ニーズや消費行動の変化に対応するバリューチェーンとサプライチェーンの構築等に取り組みながら、地域経済の発展、社会的課題解決と経済的利益の両立、持続可能な農林水産業、地域産業の創造につながる新たなビジネスモデルの創出を推進することを目的としています。

 このため、食と農林水産業に関する関係者など、地域内外の多様な関係者が参画する「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)」を形成し、LFPやまぐちの活動を通じて、本県の農林水産物等の地域資源を活用した持続的なローカルフードビジネスを創出する取組である地域食農連携プロジェクト(LFP)を推進するものです。

やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)

 農林水産物等の地域資源を活用した持続的なローカルフードビジネスを創出するために、食と農林水産業に関する関係者など、地域内外の多様な関係者(LFPパートナー)が参加する「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)」を設置します。

「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)」は、農林水産物を活用した持続的なローカルフードビジネスに取り組みたい農林漁業者、こうした取組に技術や知識で協力できる加工事業者、大学、試験研究機関など、趣旨に賛同する多様な関係者で構成され、LFPパートナー間での情報共有や研修等を通じて、多様な関係者の連携・協働・協力を促進することによりイノベーションを創発し、新商品や新サービスの開発につなげていくものです。

LFPイメージ図

「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)」の参加者を募集します。

 山口県では、農林水産物等の地域資源を活用した持続的なローカルフードビジネスを創出するために「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(以下、「LFPやまぐち」といいます。)」を設置し、その構成員であるLFPパートナーを募集します。

LFPパートナーとは

 本県の農林水産物等の地域資源を活用した持続的なローカルフードビジネスを創出するために必要な、農林漁業者、加工事業者その他の商工業者、流通・販売事業者、観光事業者、金融機関、大学、試験研究機関、各種アドバイザー、食品産業以外の異業種の事業者等で、この取組の趣旨に賛同いただける企業、団体、個人をいいます。

参加対象者

 農林水産物を活用した新たなビジネスモデルの創出を目指す方が主な対象です。
 〔対象者の例)

  • 県産農林水産物を活用した新商品・新サービスの開発に取り組みたい農林漁業者、食品加工事業者 等
  • 県産農林水産物を活用した新商品・新サービスの開発に技術や知識で協力できる加工事業、大学、試験研究機関 等

 〔注意事項〕
 ※この取組は、LFPパートナー相互の連携・協働・協力により、新商品開発等のビジネス化を促進しようとするものです。
 LFPやまぐちへの参加が業務の請負等に直接つながるものではありませんのでご注意ください。

LFPやまぐちの事業

  1. 国、県等のLFPに関する各種の情報提供
  2. LFPパートナー等を対象とした研修会、会議等の開催
  3. LFPパートナー間の交流・連携の促進
  4. その他、LFPやまぐちの目的を達成するために必要な事業

参加(登録)方法

 LFPパートナーとして「やまぐち地域食農連携プラットフォーム(LFPやまぐち)」への参加を希望する場合は、添付の登録申込書に記入の上、事務局へメール等により提出してください

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)