ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 農林水産部 > 農林総合技術センター > 本部・農業技術部/土地利用作物研究室

本文

本部・農業技術部/土地利用作物研究室

ページ番号:0022332 更新日:2021年11月1日更新

作物栽培グループ・原種生産グループ

業務内容

  • 水稲・麦類・大豆に係る栽培技術の確立および育種開発
  • 水稲・麦類・大豆の奨励品種決定調査による品種選定
  • 水稲・麦類・大豆の原原種生産および原種の生産・配布

主な試験研究課題

課題名

研究期間

高品質な酒米の安定生産、供給を可能とするデータクラウドシステムの構築

令和4年(2022年)から
令和6年(2024年)まで

輪作体系における持続的な小麦生産の実現に向けた減化学肥料・減化学農薬栽培技術の確立

令和4年(2022年)から
令和6年(2024年)まで

スマート農業技術を活用した水稲有機栽培技術の確立

令和4年(2022年)から
令和6年(2024年)まで

新たな飼料用米として利用できる主食用品種の選定と省力・低コスト・多収栽培技術の確立

平成30年(2018年)から
令和4年(2022年)まで

先端ゲノム育種によるカドミウム低吸収性イネ品種の早期拡大と対応する土壌管理技術の確立 令和元年(2019年)から
令和4年(2022年)まで

直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発

令和元年(2019年)から
令和5年(2023年)まで

奨励品種決定調査田植え
水稲奨励品種決定調査における田植え

ロボットトラクタ実演
ロボットトラクター実演