ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 会計管理局 > 会計課 > 決算関係・平成28年度決算概要

本文

決算関係・平成28年度決算概要

ページ番号:0024511 更新日:2017年12月18日更新

平成28年度山口県一般会計・特別会計

平成29年11月県議会定例会で認定されました、平成28年度山口県歳入歳出諸決算(一般会計及び特別会計)の概要は次のとおりです。

1 一般会計

一般会計の決算の規模と収支 (単位:円)

区分

28年度

27年度

対前年度増減額

予算現額

718,241,974,168円

732,894,455,245円

-14,652,481,077円

歳入総額(A)

683,161,266,259円

701,570,601,438円

-18,409,335,179円

歳出総額(B)

675,753,324,415円

694,170,148,081円

-18,416,823,666円

歳入歳出差引額(A)-(B)=(C)

7,407,941,844円

7,400,453,357円

7,488,487円

翌年度繰越財源(D)

3,122,644,002円

3,017,794,827円

104,849,175円

実質収支額(C)-(D)

4,285,297,842円

4,382,658,530円

-97,360,688円

歳入

歳入決算額(歳入総額)は6,831億6,126万6,259円で、前年度と比較すると、184億933万5,179円(2.6%)減少しました。
これは主に、財政調整基金や企業会計からの繰入金が増加(58億)したものの、繰越事業に係る繰越財源の減により繰越金が減少(△65億)したことや、円高を背景とした輸入額の減少に伴う全国の地方消費税の減収により地方消費税清算金が減少(△54億)したことによるものです。

歳入決算状況

歳出

歳出決算額(歳出総額)は6,757億5,332万4,415円で、前年度と比較すると、184億1,682万3,666円(2.7%)減少しました。
これは主に、公共事業関係費の増により土木費が増加(21億)したものの、円高を背景とした輸入額の減少に伴う地方消費税の減収により、地方消費税清算金や地方消費税交付金が減となったことから諸支出金が減少(△135億)したことによるものです。

歳出決算状況

2 特別会計

特別会計の決算の規模と収支(13会計の総計) (単位:円)

区分

28年度

27年度

対前年度増減額

予算現額

173,303,060,846円

172,447,424,200円

855,636,646円

歳入総額(A)

174,279,253,872円

173,358,435,083円

920,818,789円

歳出総額(B)

172,086,433,159円

170,949,386,601円

1,137,046,558円

歳入歳出差引額(A)-(B)=(C)

2,192,820,713円

2,409,048,482円

-216,227,769円

翌年度繰越財源(D)

39,500,000円

37,400,000円

2,100,000円

実質収支額(C)-(D)

2,153,320,713円

2,371,648,482円

-218,327,769円

特別会計状況

3 山口県歳入歳出決算書及び附属書

平成28年度山口県歳入歳出決算書及び附属書のページへ

4 山口県歳入歳出決算及び基金の運用状況に係る審査意見書

監査委員事務局のページへ

5 引上げ分の地方消費税収が充てられる社会保障4経費その他社会保障施策に要する経費

引上げ分の地方消費税収が充てられる社会保障4経費その他社会保障施策に要する経費(平成28年度決算)(PDF:123KB)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)