ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境生活部 > 廃棄物・リサイクル対策課 > ONE FOR OCEAN ~海洋プラスチックごみアップサイクル事業~

本文

ONE FOR OCEAN ~海洋プラスチックごみアップサイクル事業~

ページ番号:0101735 更新日:2022年1月4日更新

アップサイクル買い物かごSDGsクリーンアップ

 県では、海洋プラスチックごみ問題をたくさんの方に知ってもらい、その対策に取り組んでもらうため、(株)丸久、日本水産(株)、テラサイクルジャパン合同会社と連携し、海岸清掃の際に回収される海洋プラスチックごみを使ったアップサイクル(新たな価値あるものにリサイクルすること。)製品を活用して、普及啓発に繋げるプロジェクトに参加しています。
 海洋プラスチックごみ問題は、SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」に関連するなど、世界中の人々が取り組まないといけない課題のひとつです。
 みんなで、この問題を「ジブンゴト」として捉え、「海岸清掃」や「エシカル消費」の取組を山口県全体でいっしょに盛り上げましょう!

ONE FOR OCEAN(ワン フォー オーシャン)とは

概略図

BEACH CLEAN-UP~海岸清掃~

 県内の海岸で行われる市や町、民間団体、企業などの清掃活動の際に、協力してもらって、海洋プラスチックを回収! ※今年度は、萩市、長門市、阿武町のご協力をいただきました!

UP CYCLE~アップサイクル~

 集まった海洋プラスチックを、リサイクル工場「ペレット」にして、それを原料に加工メーカーで、新たな価値を持った「アップサイクル買い物かご」に生まれ変わらせます!

ETHICAL CONSUMPTION~エシカル消費~

 生活に身近なスーパーマーケットにおいて、「アップサイクル買い物かご」が活用されることで、たくさんの人に「海洋プラスチックごみ問題」を知ってもらい、プラスチックの使用を減らす商品を選ぶなどのエシカル消費の実践に繋げます (エシカル消費について詳しくは、県民生活課ページへ 

海岸清掃して集めた海洋プラスチックごみから、
アップサイクル買い物かごを製作し、県内スーパーマーケットで利用することで、海洋ごみ問題を広く知ってもらうためのプロジェクトです。

「アップサイクル買い物かご」が完成し、丸久3店舗に導入!!(令和3年12月11日~)

  • アルク葵店 (山口市葵1-4-70)
  • アルク安岡店 (下関市富任町1-4-6)
  • アトラス萩店 (萩市大字御許町42-1)

 ※店舗内のすべての買い物かごを入替

12月11日(土曜日)、アルク葵店で「アップサイクル買い物かご」のお披露目イベントを開催!

  1. 日時 令和3年12月11日(土曜日)10時00分~10時30分
  2. 場所 アルク葵店 (山口市葵1-4-70)
  3. 出席者
    • 山口県 知事 村岡嗣政
    • (株)丸久 代表取締役 田中康男
    • 日本水産(株) 中四国支社長 小野雅充
    • テラサイクルジャパン合同会社 代表 エリック・カワバタ
  4. 内容
    1. 代表者挨拶(山口県、(株)丸久、日本水産(株)、テラサイクルジャパン合同会社)
    2. フォトセッション
    3. 日本水産(株)による環境保全活動の取組紹介(プラ削減商品説明等)
    4. 各代表者による来店者への買い物かごの手渡し

エコグッズがもらえる、来店者アンケート調査を実施します。

 12月11日11時00分~17時00分 アルク葵店のみ
 100名程度 ※エコグッズがなくなり次第、終了予定

(株) 丸久主催による海岸清掃が実施されました!

 長門市油谷、大浦海岸で、(株)丸久、県、長門市、地元漁協大浦支店により、海岸清掃を行いました
 66名が参加し、約700kgの海洋ごみを回収・処理し、併せて、原料となる廃ポリタンクも回収しました

SDGsクリーンアップNAGATO

(参考)丸久店舗に掲示されるポスター

店頭ポスター

(参考)環境省「令和3年度ローカル・ブルー・オーシャン・ビジョン推進事業」採択事業

 地方自治体と企業等が連携した海洋ごみの回収・発生抑制対策等を支援する環境省のモデル事業に山口県の本事業が選定されました
環境省報道発表 (別ウィンドウ) <外部リンク>