ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 商工労働部 > 経営金融課 > 金融支援班・改正貸金業法の完全施行

本文

金融支援班・改正貸金業法の完全施行

ページ番号:0021816 更新日:2021年11月1日更新

改正貸金業法の完全施行について

 平成22年6月18日に、改正貸金業法が完全施行されました。主な改正内容は次のとおりです。

主な改正内容

1 総量規制(借り過ぎ・貸し過ぎの防止)

  • 借入残高が年収の3分の1を超える場合原則として新規の借入れができなくなります。ただし、すでに年収の3分の1を超える借入残高があっても、その超える部分に関してすぐに返済を求められるものではありません。
  • 借入の際に収入を証明する書類等の提出が必要になります。

2 上限金利の引き下げ

 法律上の上限金利が29.2%から、借入金額に応じて15%~20%に引き下げられます。
2 上限金利の引き下げの画像

貸金業者に対する規制の強化

 法令遵守の助言・指導を行う国家資格のある者(貸金業務取扱主任者)を営業所に置くことが必要になります。

※改正の詳細については金融庁HP<外部リンク>をご覧ください

貸金業に関する相談・苦情窓口は金融支援班・貸金業の苦情相談窓口のご案内