このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 防災危機管理課 > 防災・平成21年度第1回防災会議

平成22年 (2010年) 4月 20日

防災危機管理課

平成21年度第1回会議概要

日時:平成21年5月28日 13:30から14:15まで

場所:県庁4階 正庁会議室


◆議題

平成21年度山口県地域防災計画修正

山口県地震防災戦略について

○主な修正内容

震災対策編第1編を次のとおり修正する。

・地震被害想定調査結果を基に、「第3章 被害想定」を修正する。

・山口県地震防災戦略の策定に伴い、「第4章 地震防災戦略」を新たに登載する。


計画の修正について、原案のとおり修正することで了承を得た。

※ 地震防災戦略については、「山口県地震防災戦略」の公表等についてをご覧下さい。

◆報告

(1)災害に強い基盤づくり推進プロジェクトについて

平成21年3月策定の「住み良さ日本一元気県づくり加速化プラン」における、防災に関する6つの重点事業について、報告を行った。

①学校等の耐震化の推進

②減災対策の実施

③「ハザードマップ」の整備促進

④自主防災組織の育成

⑤治水対策の充実

⑥危険ため池の整備促進


(2)民間団体との協定締結について

ア 民間団体との協定について

災害時の応急対策を効果的に実施するには、行政だけでなく民間団体などからの協力を得ることが重要であることから、県ではあらかじめ協定を締結し、関係民間団体との協力体制の確立に努めている。

現在、県では民間団体と22の協定を締結している。


イ 新たに締結した協定について

(ア)災害発生時等の物資等の緊急・救援輸送に関する協定

災害発生時、又は発生の恐れがある場合の、物資等の緊急・救援輸送等について、県と社団法人山口県トラック協会は、本年3月、「災害発生時等の物資等の緊急・救援輸送に関する協定」を締結した。

(イ)災害時における石油類燃料の確保及び徒歩帰宅者等支援に関する協定

災害発生時、又は発生の恐れがある場合の、災害対応に必要な石油類燃料の確保及び徒歩帰宅者等への支援について、県と山口県石油商業組合は、本年3月、「災害時における石油類燃料の確保及び徒歩帰宅者等支援に関する協定」を締結した。


(3)その他

平成21年度山口県総合防災訓練の実施について

今年度の訓練は、山口県防災会議と周南市防災会議が主催し、8月30日(日曜日)に周南市市民グランドや東ソーグランドを主会場とし、周南市内の各所で実施する予定。

◆情報提供

(1)下関地方気象台

「5日先までの台風進路予報」の開始について

今年から4日先、5日先の台風の位置の予報を行うこととなった。これにより、従来より早期に台風に備えることが可能となる。

警報・注意報の今後の計画について

来年の出水期より警報・注意報の発表が、現在の県内8地域から市町単位で発表されるようになる。

6月から8月の天気の傾向について

3ヶ月予報では、気温は平年並みか平年より高くなる可能性が高く、降水量は平年並みの可能性が高い見込み。


(2)西日本高速道路株式会社

  • 平成17年の山陽道ののり面崩落事故を踏まえ、GPSを用いた24時間の動態観測を4ヶ所で実施している。他にも従来からの点検の強化、道路保守員等の導入などを実施している。
  • 緊急輸送ルートの確保のため、橋脚の耐震補強を計画的に推進している。
  • 今年7月1日に徳山管理事務所を廃止し、山口高速道路事務所で管理することとしている。

(3)日本赤十字社山口県支部

日本赤十字社山口県支部では、NBC災害(放射線物質や生物剤、化学剤による災害)など、従来とは異なる側面を持つ災害への備えが必要になってきていることから、災害拠点病院に指定されている山口赤十字病院にNBC災害除染セットを整備した。





お問い合わせ先

総務部

閉じる