このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 防災危機管理課 > 国民保護・図上訓練

平成19年 (2007年) 11月 27日

防災危機管理課

山口県国民保護図上訓練の実施について

県では、国民保護法に基づき、テロなどの緊急対処事態における関係機関相互の機能確認、連携強化などを図るため、国、県、市及び関係機関が一体となった図上訓練を実施しました。


■実施日時

平成19年10月23日(火曜日)13時00分~16時30分


■実施場所

県庁職員ホール


■参加機関・人数

内閣官房、消防庁、海上保安庁(徳山海上保安部)、自衛隊山口地方協力本部、陸上自衛隊第17普通科連隊、山口県、山口県警察本部、周南警察署、周南市、周南市消防本部、約120名


■訓練形態

シナリオを事前に示さないブラインド方式によるロールプレーイング型訓練


■訓練想定

周南市内において国籍不明の武装グループが、爆発物を用いた爆破テロを行ったことにより死傷者が発生し、その後、爆発物を保有する同グループによる人質立て篭もり事案が発生する。


■訓練項目

◇山口県緊急対処事態対策本部の設置・運営訓練

◇緊急対処事態発生時における山口県の初動措置(情報収集・報告・各機関との連携)訓練

◇事態認定以降の県対策本部における情報収集、状況判断、意思決定及び国民保護措置を行う上で必要な対処訓練


■実施状況

◇情報収集・整理・伝達等

  


◇事務局・対策部・関係機関対応状況

  

  


◇緊急事態連絡室・対策本部会議

  


◇講評、会場全体図

 



お問い合わせ先

総務部

閉じる