このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 広報広聴課 > 県政ワンショット・平成20年6月

平成30年 (2018年) 4月 25日

広報広聴課

県政ワンショット!


前のページへ戻る


【6月】


ショット!

6月30日・「おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会」発足式を実施


看板とちょるる

3年後の開催に向けて

平成23年に開催する「おいでませ!山口国体」および「おいでませ!山口大会」の開催準備を行う実行委員会の発足式を山口市の県政資料館で実施しました。事務局となる県国体・障害者スポーツ大会局入口に、実行委員会の看板を掲げた後、事務局職員約50人が、両大会の成功に向けて一致団結し、頑張っていくことを確認しました。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局




ショット!

6月29日・「家庭の日」フォーラム、子育て応援企業フォーラムを開催


ものづくりを楽しむ親子

家族のきずなをはぐくみましょう!

家族がふれあう「家庭の日」や、仕事と子育てと仕事の両立を応援する企業の取り組みへの理解を深めるためのフォーラムを、県セミナーパークで開催しました。フォーラムでは講演やパネルディスカッションが行われたほか、「親子ふれあいコーナー」では、たくさんの親子がものづくりやスポーツなどを楽しんでいました。

担当課:こども未来課労働政策課




ショット!

6月28日・「おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会」第1回総会を開催


大会成功に向けて「頑張ろう!」

大会の成功に向けて!

本県で開催する第66回国民体育大会の準備は、これまで「準備委員会」として行ってきましたが、7月9日に正式に開催が決定される予定であることから、実行委員会への組織変更を行い、第1回の総会を山口南総合センターで行いました。当日はスポーツ教室の開催や学生ボランティアの紹介、開催地の市町による抱負の発表なども行いました。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局




ショット!

6月20日・青年海外協力隊の壮行式を実施


西村副知事との記念撮影

得意分野で国造りに貢献を!

独立行政法人国際協力機構(JICA)により、マレーシア、ヨルダン、ガーナ、中華人民共和国、ブラジル、インドネシア、エルサルバドルに派遣される7人の隊員の壮行式が県庁で行われました。隊員はこれから2年間、それぞれの派遣国で幼児教育や化学教育、コンピューター技術の指導など国造りに貢献するボランティア活動を行います。

担当課:国際課




ショット!

6月16日・住み良さ日本一の県づくり推進会議を開催


県民グループによる取り組みの報告

さらなる住み良さの向上のために

「住み良さ日本一の県づくり」を全県的に進めるため、県や市町、関係団体で構成する推進会議を県庁で開催しました。会議では、県民グループによる昨年度の取り組み状況や住み良さのさらなる向上に向けた今年度の取り組みスケジュールなどが報告されました。

担当課:政策企画課




ショット!

6月13日・山口県子育て文化審議会を開催


審議会の様子

子育て文化の創造に向けて

昨年度制定した「子育て文化創造条例」に基づき設置した「山口県子育て文化審議会」の第1回目の会議を県庁で開催しました。審議会は、学識経験者や子育て支援団体の代表者など18名の委員から構成され、子育て支援や少子化対策に関する重要事項について調査や審議をします。

担当課:こども未来課




ショット!

6月13日・やまぐち犯罪のない安全で安心なまちづくり推進協議会総会を開催


総会の様子

みんなでつくろう 犯罪のない 住み良さ日本一の山口県

この協議会は、犯罪のないまちづくりに県民総ぐるみで取り組むため平成18年8月に設立されました。総会では、子ども・高齢者等の安全対策や自主防犯活動を充実させることを確認しました。また、都市化の進展に伴い結成された、ひらた防犯情報協議会(下松市)のスクールガード活動などの取り組みが紹介されました。

担当課:地域安心・安全推進室




ショット!

6月12日・政府要望を実施


二井知事による防衛省での要望

「住み良さ日本一の元気県づくり」を加速化するために

県は、国の来年度予算の編成と施策の決定に関し、特に重要な課題や国の制度創設に関する要望など、全27項目について国と地元選出国会議員へ要望しました。二井知事は、内閣官房、外務省、国土交通省、防衛省を訪問し、岩国基地民間空港の早期再開や岩国基地に関連する対策などを求めました。

担当課:政策企画課




ショット!

6月10日・「父の日にバラを贈ろう」キャンペーン


花束のお礼を述べる二井知事

お父さん、ありがとう!

6月の第3日曜日は「父の日」です。この「父の日」にバラを贈る習慣を広め、県産バラの需要拡大などを進めようとするキャンペーンの一環として、山口県ばら切り花協会の代表者が県庁を訪れ、二井知事にバラの花束を贈りました。皆さんも父の日には、大切なお父さんへ日ごろの感謝と敬意を込めてバラを贈りませんか。

担当課:農業振興課




ショット!

6月9日・第8回世界ジュニアソフトボール選手権大会の日本代表選手が知事を表敬訪問


谷脇選手へ記念品を贈呈する二井知事

世界の舞台での活躍を期待

宇部市の宇部興産株式会社ソフトボール部所属で、投手の谷脇靖雄(たにわきやすお)選手が、6月21日からカナダ・ユーコン州で開催される同大会への出場報告のため、二井知事を表敬訪問しました。知事は、平成23年の山口国体に向け、弾みとなるようよう頑張ってほしいと激励しました。

担当課:学校安全・体育課





ショット!

6月6日・おいでませ!山口国体・山口大会募金推進委員会第1回会議を開催


会議の様子

愛称は「ちょるる募金」!

国体募金推進委員会の第1回会議が県庁で開催され、「おいでませ!山口国体・山口大会」を県民総参加で支え、盛り上げていく取り組みの一つとして、募金活動を今年9月から実施することが決定されました。この募金は、ボランティア活動や花いっぱい運動等、国体県民運動などの大会運営経費に充てられます。

担当課:国体・障害者スポーツ大会局




ショット!

6月4日・世界スカウトジャンボリー第2回山口県招致支援委員会を開催


あいさつをする二井知事

本県での開催に向けて

世界スカウトジャンボリーは216の国・地域から約3万人が集まり、4年に一度開催される、世界最大のボーイスカウト運動の行事です。平成27年に開催されるこの行事の本県への招致に向け、2回目の委員会を開催し、今後の招致活動などを話し合いました。開催地は日本(本県)とシンガポールが立候補しており、7月17日に行われる各国の投票により決定される予定です。

担当課:社会教育・文化財課




ショット!

6月3日・ふるさと山口企業合同就職フェアを開催


面接を受ける学生の皆さん

ふるさとでの就職を支援

大学や短期大学などを来春卒業される予定の方や今春卒業し、未就職の方を対象に、県内5会場で県内企業との面接会を順次、開催しています。今回、皮切りとなった宇部会場でも、多くの就職希望者が訪れ、皆さんは、真剣な表情で面接に臨んでいました。

担当課:労働政策課





お問い合わせ先

総合政策部

閉じる