このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > こども政策課 > 旧優生保護法一時金支給・旧優生保護法一時金支給受付・相談窓口の開設について

平成31年 (2019年) 4月 24日

こども政策課

旧優生保護法一時金支給受付・相談窓口の開設について

〇 平成31年4月24日、国会において「旧優生保護法に基づく優生手術を受けられた者に対する一時金の支給等に関する法律」が成立し、同日、公布・施行されました。

〇 このたび、こども政策課内に、県民の方からの一時金の請求や各種相談に対応するための専用窓口を開設しました。

〇 相談される方のプライバシーに配慮した相談室や専用電話(083-933-2946)を設置しておりますので、ご遠慮なくご相談ください。


1 受付・相談窓口

(1)設置場所

山口県山口市滝町1-1 山口県庁5階 こども政策課内

(2)専用電話番号

083-933-2946(直通)

(3)受付時間

平日の8時30分~17時15分(年末年始を除く)


2 一時金の支給について

(1)対象者

次の(ア)又は(イ)に該当し、法施行日(平成31年4月24日)において生存している方が対象となります。

(ア) 旧優生保護法が存在した間( 昭和23年9月11日~平成8年9月25日)に優生手術を受けた方

   (ただし、母体保護のみを理由として受けた方を除く)

(イ) (ア)と同じ期間に生殖を不能にする手術等を受けた方

   (ただし、(ⅰ)~(ⅳ)のみを理由として手術等を受けたことが明らかな方を除く)

    (ⅰ) 母体保護

    (ⅱ) 疾病の治療

    (ⅲ) 本人が子を有することを希望しないこと

    (ⅳ) (ⅲ)のほか、本人が手術等を受けることを希望すること

(2)支給金額

 320万円(一律)

(3)支給の手続き方法

 受付・相談窓口に次の請求書等を提出していただくことになりますが、まずは事前にご相談ください。

(4)提出書類(様式)

① 請求書

  (様式:一時金支給請求書 (Excel : 41KB)

② 優生手術等を受けたかどうかについて医師の診断結果が記載された診断書

  (様式:診断書 (Excel : 16KB)

③ 診断書作成料等支給申請書

  (様式:診断書作成料支給申請書 (Excel : 19KB)

④ 上記診断書作成に要した費用の領収書など

  ※ 一時金支給が認められた場合、診断書作成費用が支給されます。

⑤ 住民票の写しなど請求者の氏名、住所又は居所を証明する書類

⑥ 通帳の写しなど、一時金の振込みを希望する金融機関名・口座番号を確認できるもの

⑦ その他請求にかかる事実を証明する資料

  例:障害者手帳、戸籍謄本、関係者の陳述書、

    情報公開請求で得た行政機関が保有していた優生手術等に関する書類 など

(5)留意事項

〇 様式は、このホームページからダウンロードしていただくほか、ご希望により郵送でお送りします。

〇 請求書には、様式に沿って、次の事柄について記載してください。

  ・優生手術などを受けた医療機関の名称及び所在地

  ・手術を受けた年月日(時期)

  ・手術などを受けるに至った経緯 など

〇 一時金の支給決定後、ご指定の口座に独立行政法人福祉医療機構から一時金が振り込まれます。

〇 請求期限は、平成31年4月24日から5年以内です。

(6)関係様式

① 一時金支給請求書 (Excel : 41KB)

② 診断書 (Excel : 16KB)

③ 診断書作成料支給申請書 (Excel : 19KB)

お問い合わせ先

こども政策課



お問い合わせ先

こども政策課

閉じる