このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 長寿社会課 > 介護予防・地域包括ケア専門職派遣システム構築事業

令和元年 (2019年) 11月 14日

長寿社会課

地域包括ケア専門職派遣システム構築事業

1 趣 旨


困難事例等の解決のための相談窓口を設置し、県内の各地域包括支援センター又は市町からの要請に応じて、地域ケア会議や職員資質向上研修、介護予防教室等の場に登録した専門職や学識経験者を派遣し、市町単独では対応が困難な状況に対して、広域的かつ専門的な支援を行います。


2 内 容


(1)派遣のための人材バンクの構築

【中心となる専門職】

○医師(認知症サポート医養成研修を修了した医師や精神科医)

  →認知症ケアの視点からの助言

○歯科医師、歯科衛生士

  →歯科医療や口腔機能、口腔衛生管理の視点からの助言

○薬剤師

  →在宅生活における服薬管理等に関する視点からの助言

○理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

  →リハビリテーション的視点からの助言

○管理栄養士、栄養士

  →食事における適切な栄養摂取の視点からの助言

○県健康福祉センター(保健師)

  →精神疾患への支援や地域づくりの視点からの助言

○弁護士、司法書士、社会福祉士

  →権利擁護に資する支援の視点からの助言

○大学教授

  →地域課題を通した地域づくりや政策形成等の視点からの助言


(2)相談及び派遣調整窓口の設置

○窓 口:山口県社会福祉士会事務局 (山口市大手町9-6)

 (TEL) 083-928-6644 (FAX)083-922-9915

○業務内容

・派遣依頼の受付及び派遣に係る連絡調整

・地域包括支援センター及び市町からの多職種協働による困難事例解決等に関する相談への助言


(3)地域包括支援センター又は市町への専門職・学識経験者の派遣

・専門職・学識経験者(団体・機関等を含む)のバンク構築と充実

・派遣及び市町等への助言等

・派遣に係る経費の支払い


(4)派遣実績の紹介

*これまでの派遣実績から一部を紹介します。

〈地域ケア会議〉

 地域ケア会議に医師、弁護士、社会福祉士を派遣。認知症や法的対応等について助言。

〈通いの場〉

 住民主体の通いの場に理学療法士を派遣。立上げ支援や体力測定を実施。

〈介護予防教室〉

 高齢単身世帯を対象とした介護予防教室に管理栄養士を派遣。食事や栄養の重要性等について講話を実施。

〈研修会〉

 介護職員向けの研修会に歯科衛生士を派遣。口腔機能の低下防止等について研修を実施。


(5)事業概要

事業概要 (PDF : 200KB)

活用事例 (PDF : 143KB)

お問い合わせ先

長寿社会課



お問い合わせ先

長寿社会課

閉じる