このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 生活衛生課 > 食の安心総合情報ホームページ > 食の安全情報・正しい手洗い

平成27年 (2015年) 8月 11日

生活衛生課

トップページ

正しい手洗いをしましょう


食中毒の多くは、目に見えない「細菌」「ウイルス」が食べ物を通じて体の中に入ることで起こります。

食べ物に細菌などをつけないためには、きちんと手を洗うことが大切です。

正しい手洗いの習慣を身につけて、食中毒を防ぎましょう。


 食中毒の原因は?


1 全国の状況

原因物質別食中毒発生状況(全国)グラフ

過去に流行した「サルモネラ」や「腸炎ビブリオ」による食中毒は減少していますが、「カンピロバクター」や「ノロウイルス」による食中毒が依然多く発生しています。

両方とも少ない量で感染することが特徴です。


2 最近の食中毒の主な原因

<ノロウイルス>

  • 患者数(全国)では一位
  • 10~100個程度と少量で感染するなど、感染力が強い
  • 一年を通して発生しているが、特に冬期に流行
  • 手指や食品を介し経口で感染するため、トイレ後や食事前、調理前の手洗いが大切

<カンピロバクター>

  • 発生件数(全国)では一位
  • 牛や豚、鶏などあらゆる動物がこの菌を持っている
  • 100個程度と少量で感染する
  • 食肉に付着していることが多く、生肉を取り扱った後の手洗いや食肉の生食、半生製品の喫食を控えることが大切

手洗いのタイミング

  • 食事の前
  • 調理の前
  • 調理中に生の肉や魚介類等をさわった後
  • トイレの後
  • 動物をさわった後

手洗いミスが起こる部位

手洗いミスが起こる部位

  • 指先、爪の間
  • 指の間
  • 親指の周り
  • 手首
  • 手のしわ

手洗いの方法

手洗いの方法

1.流水で汚れを簡単に洗い流す

2.石けんをつけて十分に泡立てる

3.手のひらを合わせてよく洗う

4.手の甲を伸ばすように洗う

5.指先、爪の間をよく洗う

6.指の間を十分に洗う

7.親指と手のひらをねじり洗いをする

8.手首も忘れずに洗う

9.流水で石けんと汚れを十分に洗い流す

10.清潔なタオルやペーパータオルで手をふく

11.消毒薬があれば手に取り、よくすり込む



ポスター・リーフレット

※英語版は、山口県立大学の学生の協力により作成しました。


山口県 環境生活部 生活衛生課 食の安心・安全推進班

〒753-8501 山口市滝町1-1

TEL:083-933-2974 FAX:083-933-3079

食の安心ダイヤル:083-933-3000

mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp




お問い合わせ先

環境生活部

閉じる