このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 労働政策課 > 労働組合基礎調査・調査結果

令和2年 (2020年) 12月 25日

労働政策課

山口県における労働組合の組織状況

~令和2年労働組合基礎調査結果(山口県分)から~

  山口県内の労働組合数は706組合  組合員数は101,005人 



1 調査の概要

この調査は、我が国のすべての労働組合を対象として、組合員数、加盟組織系統等の状況を調査し、労働組合組織の実態を明らかにすることを目的として、厚生労働省からの委託により昭和22年から実施しているもので、今回公表するのは、県内労働組合の集計結果です。


2 調査時期

令和2年6月30日現在の状況について同年7月に調査を実施した。


3 調査結果の概要

(1)組合数・組合員数 【参考:資料1~3】

県内の組合数  706組合 (前年734組合)

県内の組合員数 101,005人  (前年100,961人)

前年に比べ、組合数は28組合減少、組合員数は44人増加した。


(2)県内主要団体別の組合員数  【参考:資料4】

●日本労働組合総連合会山口県連合会(連合山口)組合員数

63,080人  (前年61,606人 1,474人増加)


●山口県労働組合総連合(山口県労連)組合員数

9,202人  (前年9,454人 252人減少)


(3)推定組織率  【参考:資料5】

推定組織率(山口県内で推定される全労働者数に対する組合に加入している労働者の割合)は、18.8%となり、前年(18.5%)より0.3ポイント増加した。


※全国調査の結果は、厚生労働省が公表しており、概況がホームページに掲載されている。(https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/13-23c.html


参考資料 (PDF : 401KB)











お問い合わせ先

商工労働部

閉じる