このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 農業振興課 > 使用済農業用プラスチック・使用済農業用プラスチックの持ち込みについて

平成27年 (2015年) 2月 4日

農業振興課

見出し



Q4.農業用プラスチックの持ち込みはどうすればよいのですか??


○ビニールフィルムの処理方法


①農ビ・農ポリなど、種類別に分別しましょう。


②泥やゴミをよく落とし、金属・ゴムひも等の異物を完全に取り除いてください。


ハウス


③指定された荷姿に梱包してください。


ビニール束


○農薬空容器の処理方法


①プラスチックボトル容器は3回洗浄した後、容器内部を乾燥させる等によって付着農薬の処理を行って下さい。


ビン


②種類ごと(プラスチック、ガラスなど)に分別し、収集袋に入れるなど指定された荷姿に梱包して下さい。


ガラスプラスチック



種類の分別が不十分だったり、異物が混入していると処理料金が高くなることや、処理自体ができないことがあります。


また、業者によって処理対象や梱包する荷姿が異なりますので、事前にお問い合わせ下さい。



←目次ページにもどる



山口県庁トップページへ


農業振興課のページへ



お問い合わせ先

農林水産部

閉じる