このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 都市計画課 > まちづくり推進班・屋外広告物の安全確保について

平成30年 (2018年) 2月 9日

都市計画課

屋外広告物の安全確保について



 近年、老朽化等による屋外広告物の落下等の事故が全国的に発生しており、県内においても、看板が倒れ、通行人が負傷するなどの事故が発生しています。


 山口県屋外広告物条例では、屋外広告物の設置者・管理者に、補修その他必要な管理を怠らないようにして広告物を良好な状態に保持することを義務付けています。

 また、著しく破損・老朽化したものや、倒壊・落下のおそれのある屋外広告物は、県内全域において設置が禁止されています。


 屋外広告物の事故は、甚大な被害を引き起こすおそれがありますので、自家用広告物などの許可が不要な物件も含め、日常的・定期的に適切な点検を実施し、落下・倒壊のおそれがある場合は撤去・改修などの適正な措置を講じるなど、日ごろから屋外広告物の適正管理に努めていただくようお願いします。



《参考資料》

オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック(外部リンク:(一社)日本屋外広告業団体連合会) (別ウィンドウ)



お問い合わせ先

都市計画課



お問い合わせ先

都市計画課

閉じる