このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 港湾課 > 徳山下松港・特定貨物輸入拠点港湾(石炭)への指定について

平成30年 (2018年) 2月 27日

港湾課

徳山下松港の特定貨物輸入拠点港湾(石炭)への指定について

 平成30年2月23日、国際バルク戦略港湾である徳山下松港が『特定貨物輸入拠点港湾(石炭)』に指定され、同日、国土交通大臣室において、石井国土交通大臣から村岡知事に対して指定書が手交されました。特定貨物輸入拠点港湾の指定は西日本初となります。

 県としては、本県の強みを最大限に活かし、活力の源となる産業力を伸ばすため、引き続き、国・関係企業と連携して、ハード・ソフトの両面から、国際バルク戦略港湾施策の具現化に向けて全力で取り組むこととしています。


 石井国土交通大臣のコメント


 石炭輸入拠点として既に指定している東の小名浜港に加え、今回、西の徳山下松港を指定したことで、国全体として効率的かつ安定的な輸送ネットワークの形成と海上輸送コスト削減による生産性の向上が図られることを期待している。


 村岡知事のコメント


 昨年9月、やまぐち港湾運営株式会社を設立したところであり、今後は、この会社を核として、石炭の共同輸送の促進に取り組むこととしている。県としては、引き続き、関係市・関係企業と一体となって、国際バルク戦略港湾施策を推進していく。




記念撮影(左から、菊地港湾局長、村岡知事、石井国土交通大臣)

 記念撮影(左から、菊地港湾局長、村岡知事、石井国土交通大臣)



記念撮影(関係企業代表者と)

 記念撮影(関係企業代表者と)



交付式終了後の懇談の様子

 交付式終了後の懇談の様子

お問い合わせ先

港湾課



お問い合わせ先

港湾課

閉じる