ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > Y-BASE&デジテックforYAMAGUCHI > 共創活動等について > デジテック・オープンイノベーションについて > 「デジテック・オープンイノベーション」における実証について ( 岩国市の道の駅を拠点とした取組事例 )

本文

「デジテック・オープンイノベーション」における実証について ( 岩国市の道の駅を拠点とした取組事例 )

ページ番号:0104106 更新日:2021年12月16日更新

 現在、官民連携フォーラム「デジテック for YAMAGUCHI」の会員同士が技術やノウハウ等を持ち寄り、県内をフィールドとした実証実験等を行い、新たなソリューションなどの先導的事例の創出を目指す「デジテック・オープンイノベーション」の取り組みを進めています。
 このうち、岩国市における「道の駅を拠点とした中山間地域の生活利便性向上」に向けた取組について、実証の状況を公開しますのでお知らせします。

1 実証の概要

 岩国市の中山間地域では、高齢者の見守りなどの生活支援が課題となっていることから、道の駅「ピュアラインにしき」を核にデジタルツールを活用した買い物や健康管理などの高齢者の生活支援を行う仕組みづくりを目指しています。
 これに向け、高齢者向けの簡易アプリ(安否確認アプリ)を用いた見守り等の仕組みづくりについて実証を進めており、今回その第一歩として、実証に協力いただける高齢者の募集を行い、簡易アプリの操作方法等の説明を行う「デジタルサロン」を開催します。
 今後、年度内を目途に高齢者に自宅でアプリを利用いただき、その操作性等について検証を行うとともに、アプリを活用した見守り体制や具体的な対応方法等について、検討を進めていきます。

  1. 日時
    令和3年12月22日(水曜日) 14時から (1時間半程度)
  2. 場所
    道の駅「ピュアラインにしき」 錦彩(きんさい)
    住所:岩国市錦町府谷117
  3. 今回の取組内容
    デジタルサロンの開催
    アプリの操作方法の講習及び今後の実証内容等の説明
  4. 実施者(提案者)
    株式会社 フォーバル (代表提案者)
    株式会社 ピュアラインにしき
    社会福祉法人 岩国市社会福祉協議会

2 問い合わせ先

 Tel:0827-71-0011
 株式会社 フォーバル(担当:原田)
 株式会社 ピュアラインにしき(担当:廣兼)
※ 事前に御連絡ください。

お問い合わせ先

デジタル政策課
Tel:083-933-1326
Mail:a13000@pref.yamaguchi.lg.jp


やまぐちDX推進拠点「Y-BASE」とDX推進官民協働フォーラム「デジテックforYAMAGUCHI」での活動等に関する情報をまとめています
「やまぐちAI Quest」等のデジタル人材育成事業については別ページで御案内しています

<Y-BASEの外部サイトリンク>
Y-BASEのロゴ<外部リンク>

<デジテック for YAMAGUCHIの外部サイトリンク>
デジテックforYAMAGUCHIのロゴ<外部リンク>

<運営事務局noteへのリンク>
noteへのリンク<外部リンク>