ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > Y-BASE&デジテックforYAMAGUCHI > 共創活動等について > シビックテック チャレンジ YAMAGUCHIについて > 「シビックテック チャレンジ YAMAGUCHI」における実証実験について ( 阿武町 )

本文

「シビックテック チャレンジ YAMAGUCHI」における実証実験について ( 阿武町 )

ページ番号:0132506 更新日:2022年2月1日更新

行政がスタートアップ企業等と連携・協働して、デジタル技術で地域・行政課題の解決を図る「シビックテック チャレンジ YAMAGUCHI」では、現在7課題で取り組みを進めています。
この中で阿武町においては、聴力の弱い方との窓口対応をテーマに、協働企業(株式会社アイシン)と共に解決に向けた取り組みを進めており、住民参加による実証実験を行っています(11月19日報道発表)。

このたび、この実証実験の新たなコミュニケーションツールとして、透明ディスプレイを導入し、これに文字表示することで、窓口対応をより円滑化する取組を行うこととしましたのでお知らせします。

 

1 課題名

「聴力の弱い方ともスムーズな意思疎通ができる相談支援ツールの開発」

 

2 取組内容

(株)アイシンが開発した文字おこしアプリ「YYProbe」により、職員が話した言葉を文字にして画面に表示する端末を、タブレットから透明ディスプレイに変更。

≪変更による効果≫

透明ディスプレイへの変更により、窓口で対面する双方が文字とともに表情や身振り、手振りを確認することができることから、よりスムーズなコミュニケーションが可能となる。

 

【実証窓口の様子】

実証の様子

 

お問い合わせ先

デジタル政策課
Tel:083-933-1326
Mail:a13000@pref.yamaguchi.lg.jp


やまぐちDX推進拠点「Y-BASE」とDX推進官民協働フォーラム「デジテックforYAMAGUCHI」での活動等に関する情報をまとめています
「やまぐちAI Quest」等のデジタル人材育成事業については別ページで御案内しています

<Y-BASEの外部サイトリンク>
Y-BASEのロゴ<外部リンク>

<デジテック for YAMAGUCHIの外部サイトリンク>
デジテックforYAMAGUCHIのロゴ<外部リンク>

<運営事務局noteへのリンク>
noteへのリンク<外部リンク>