ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

強引な・あやしい勧誘

ページ番号:0014800 更新日:2021年11月1日更新

注目情報

 

漫画で学ぶ消費者トラブル

訪問販売

自宅に突然の訪問・・・

訪問販売

突然の訪問。不用意にドアを開けず、冷静に判断しよう!
玄関先で、長時間にわたってしつこく勧誘され、泣く泣く契約してしまったというケースも少なくありません。
  • 不用意にドアを開けず、インターホンやドア越しに対応しましょう
  • その場での契約は避け家族に相談するなど冷静に判断しましょう
  • 「今より安くなる」「今だけ無料」といった言葉をうのみにせず、契約内容についてきちんと確認しましょう
  • 特定商取引法の訪問販売に該当する場合は、クーリング・オフの対象となります
 

キャッチセールス

街で声をかけられて…

キャッチセールス

突然の勧誘は、必要なければきっぱりと断ることが大事!
路上でアンケート調査などと称して呼び止め、営業所等に連れていき、商品やサービスを契約させる商法をキャッチセールスと呼びます。
  • 不審に感じたら返事をせず通り過ぎ、軽い気持ちで相手についていかないようにしましょう
  • 同行した場合でも、強引な勧誘を受けるなど不審に思ったらきっぱり断りましょう
  • 特定商取引法のキャッチセールスに該当する場合は、クーリング・オフの対象となります

 

関連リンク

消費者トラブルガイド

消費者トラブル

※画像をクリックするとページが開きます

 

まなべるサイトトップへ