ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 土木建築部 > 河川課 > 山口県高潮浸水想定区域図

本文

山口県高潮浸水想定区域図

ページ番号:0155637 更新日:2022年5月24日更新

山口南沿岸 高潮浸水想定区域図

 山口南沿岸について、水防法(昭和24年法律第193号)第十四条の三の規定に基づき、想定し得る最大規模の高潮が発生した場合に想定される浸水の危険性について、広く一般に周知するとともに、関係機関が連携し、避難の確保を図るなど、防災対策の一助となることを目的として、高潮浸水想定区域図を作成しましたので公表します。

山口南沿岸 高潮浸水想定区域図をご覧いただく際の留意事項

・本図は、山口南沿岸において、水防法の規定により定められた想定し得る最大規模の高潮による氾濫が発生した場合に浸水が想定される区域(浸水区域)と水深(浸水深)及び0.5m以上の浸水が想定される区域における浸水継続時間を表示したものです。

・本図の作成に当たっては、最悪の事態を想定し、我が国における既往最大規模の台風により、山口南沿岸において潮位偏差が最も大きくなる複数の経路を設定してシミュレーションを実施しています。

・台風の接近・上陸時には、高潮のみならず、降雨も想定されることから、背後に人口・資産が集積している河川については、高潮による影響が明らかな区間を対象に、計画規模の降雨による洪水が同時に発生することを想定しています。

・局所的な地盤の凹凸や建築物の形状、雨水出水(内水)の影響などにより、浸水想定区域以外でも浸水が発生したり、浸水深や浸水継続時間が大きくなる場合があります。

・シミュレーションに用いた地形データは、津波浸水想定図(H25)作成時のものを基本としているため、現状と異なる場合があります。

・海岸の堤防等のデータは津波浸水想定図(H25)作成時のものを、河川の堤防等のデータは最新の洪水浸水想定区域図や河川整備計画作成時のものを基本としているため、現状と異なる場合があります。

・高潮浸水想定区域は、現在の科学的な知見や既往最大規模の台風を基に設定したものであり、これを超える高潮が発生しないというものではありません。

・新たな知見が得られた場合や高潮浸水想定区域に関する状況に変化があった場合等には、本図の見直しを行うことがあります。

山口南沿岸における高潮浸水想定区域図について(解説)

山口南沿岸 高潮浸水想定区域図

詳細図
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)