ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総務部 > 財政課 > 宝くじ・社会貢献

本文

宝くじ・社会貢献

ページ番号:0012255 更新日:2021年11月24日更新

山口県からのお願い

宝くじによる収益金は県の貴重な自主財源となります。

宝くじ収入は県の公共工事等に有効に活用させていただきます。
県内での宝くじ購入にご協力をお願いいたします。


山口県の宝くじ情報
↑↑ クーちゃんをクリック! ↑↑

宝くじ社会貢献広報事業について

山口県では次のとおり宝くじ社会貢献広報事業を実施しています。
(平成30年度~令和2年度実施分)

令和2年度実施事業

令和元年度実施事業

平成30年度実施事業

山口県児童センターの屋外遊具の更新(事業費6,270千円)

山口県児童センターの屋外遊具の更新

山口県児童センターの屋外遊具の更新の画像

 ​山口県児童センターの屋外遊具の一部を更新しました。​
 今後も、整備した遊具を通じて、児童の健全育成活動を推進していくとともに、併せて宝くじの社会貢献活動についてPRしていきます。

山口県国際総合センター管理運営事業(事業費30,176千円)

山口県国際総合センター管理運営事業

山口県国際総合センター管理運営事業の画像

 山口県国際総合センター(海峡メッセ)の建物監視システムを計画的に更新しています。今後、施設利用者に安全で快適な環境を提供することを通じて、引き続き宝くじの社会貢献活動に寄与します。

東京オリンピック等世界大会活用地域活性化推進事業(事業費13,000千円)

東京オリンピック等世界大会活用地域活性化推進事業

東京オリンピック等世界大会活用地域活性化推進事業の画像

​ 東京オリンピック・パラリンピック大会等の世界大会の開催に向け、市町のキャンプ地誘致・実施活動への支援に加え、相手国とのスポーツ交流を一体的に推進することにより、県全体での一層の機運醸成や、地域の活性化に向けた取組を実施しました。
 今後も、こうした山口県の魅力創出を通じて、宝くじの社会貢献活動に寄与します。

東京2020オリンピック聖火リレーの開催に向けた準備活動(事業費4,480千円)

東京2020オリンピック聖火リレーの開催に向けた準備活動

東京2020オリンピック聖火リレーの開催に向けた準備活動の画像

 東京2020オリンピック競技大会に向けて、日本全国47都道府県を巡る聖火リレーが開催されるにあたっての準備活動を実施しました。
 県民が一体となって「オールやまぐち」で聖火リレーを行うことにより、東京オリンピックに向けた期待感を創出し、オリンピックの精神を広めるとともに、山口県の魅力を発信していきます。
 今後も、こうしたスポーツへの機運醸成や、山口県の魅力創出を通じて、宝くじの社会貢献活動に寄与します。

やまぐち産業維新展2019の開催(事業費14,000千円)

やまぐち産業維新展2019の開催

やまぐち産業維新展2019の開催の画像

 令和元年10月26日(土曜日)に県内企業等の製品・技術等を一堂に集め、県民に対し、企業の魅力・情報を幅広く発信し、県内企業等への理解を深めるとともに、企業間の情報交換を図るため、産業交流イベントを開催し、併せて、宝くじの社会貢献についてもPRを行いました。

サイクル県やまぐち推進事業(事業費57,300千円)

サイクル県やまぐち推進事業

サイクル県やまぐち推進事業の画像

 ​サイクルスポーツ振興と観光施策等との連携による新たな山口県の魅力を創出し、交流人口の拡大や地域の活性化につなげるため、子どもから大人まで幅広く参加できるシンボルイベントの開催や、サイクリストの快適な自転車旅を支援するサイクルスポーツ環境の整備、効果的な情報発信などを実施しました。
 今後も、こうした山口県の魅力創出を通じて、宝くじの社会貢献活動に寄与します。

  • シンボルイベントとして、以下のレース及びイベントを開催

(Jプロツアー)

  • 令和元年10月5日(土曜日)維新やまぐちタイムトライアル
  • 令和元年10月6日(日曜日)秋吉台カルストロードレース

(UCIレース)

  • 令和元年10月26日(土曜日)~27日(日曜日)

やまぐち十種ヶ峰国際ダウンヒル

  • シンボルイベントのべ参加者数(選手・観客等計)約16,500人

やまぐち観光ガイドマップの作成(事業費5,332千円)

やまぐち観光ガイドマップの作成

やまぐち観光ガイドマップの作成の画像

 やまぐち観光ガイドマップを作成し、県内外の観光案内所や観光施設、大都市圏における観光イベント等での配布を通じて、観光キャッチフレーズ「YAMAGUCHI MAGIC!」のもと、「絶景」「温泉」「グルメ」「歴史」「体験」をキーワードに年間を通じて展開する本県の観光キャンペーンが全国に浸透するようPRしました。さらに5種類の外国語版を作成し、海外に向けて本県の観光情報を発信しました。
 今後も「やまぐち観光ガイドマップ」を活用した山口県の観光PRを通じて、引き続き宝くじの社会貢献活動に寄与します。

幕末維新回廊推進事業(事業費128,741千円)

幕末維新回廊推進事業

幕末維新回廊

 明治150年という絶好の機会を活かし、国内外における本県の存在感や県民の郷土への誇りと愛着を高めるため、県と県内全市町が連携し、「明治維新胎動の地」山口県を強力にアピールする本県ならではの全県的なイベントを実施しました。
「幕末維新回廊」を県内34の博物館・資料館等で展開(5月日30~12月31日)
 来場者数 2,194,550人
 また、VR(バーチャルリアリティ)体験を通じて楽しみながら維新を体感できる施設として山口ゆめ花博会場内に設置した「維新体験館」では、宝くじの社会貢献についてもPRしました。

やまぐち産業維新展の開催(事業費23,000千円)

やまぐち産業維新展の開催

やまぐち産業維新展

 平成30年9月17日(月曜日・祝日)、18日(火曜日)の2日間、県内企業等の製品・技術等を一堂に集め、県民に対し、企業の魅力・情報を幅広く発信し、県内企業等への理解を深めるとともに、企業間の情報交換を図るため、産業交流イベントを開催しました。今後も、こうした本県産業の普及啓発の取組を通じて、宝くじの社会貢献活動に寄与します。

サイクル県やまぐち推進事業(事業費52,800千円)

サイクル県やまぐち推進事業

サイクル県やまぐち

 サイクルスポーツ振興と観光施策等との連携による新たな山口県の魅力を創出し、交流人口の拡大や地域の活性化につなげるため、子どもから大人まで幅広く参加できるシンボルイベントの開催や、サイクリストの快適な自転車旅を支援するサイクルスポーツ環境の整備、効果的な情報発信などを実施しました。
 今後も、こうした山口県の魅力創出を通じて、宝くじの社会貢献活動に寄与します。

  • シンボルイベントとして、以下のレース及びイベントを開催
    Jプロツアー 平成30年9月15日(土曜日)秋吉台カルストロードレース
    平成30年9月16日(日曜日)維新やまぐちクリテリウム
    体験イベント 平成30年9月17日(月曜日)Let’sエンジョイゆめ花サイクル
    UCIレース 平成30年10月7日(日曜日)やまぐち十種ヶ峰国際ダウンヒル
  • シンボルイベントのべ参加者数(選手・観客等計)約17,400人

宝くじ」ってどんなもの? ※外部リンク

おもしろトピックス ※外部リンク

【宝くじ関係サイト ※外部リンク】

クーちゃん