ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 教育庁 > 地域連携教育推進課 > 令和3年度「わが家のやくそく大募集 冬休みチャレンジ」集計結果

本文

令和3年度「わが家のやくそく大募集 冬休みチャレンジ」集計結果

ページ番号:0026648 更新日:2022年3月7日更新

令和3年度「わが家のやくそく大募集 冬休みチャレンジ」の結果をお知らせします。

1 集計結果

令和3年度 わが家のやくそく大募集 集計結果

 

小学生

(人)

中学生

(人)

(人)

備考(募集期間)

夏休みチャレンジ

6,194人

2,526人

8,720人

令和3年9月1日から9月8日まで

冬休みチャレンジ

8,124人

2,335人

10,459人

令和4年1月11日から1月18日まで

2 応募していただいた「わが家のやくそく」と感想の紹介

たくさんの「やくそく」の中から一部を紹介します!感想の紹介の画像

小学1年生「くつをそろえる。」

児童の感想

 くつをそろえていないとなくしやすいし、はきにくいし、きたなくなるからです。たいへんだったけど、とてもきれいになったのでよかったとおもいました。

保護者の感想

 自分のくつだけでなく、ほかの人のくつもそろえてくれていてとても助かりました。げんかんは、人をむかえるところなので、いつもきれいだときもちがよいですね。これからも、よろしくおねがいします。

小学校2年生「ごはんの前と後のテーブルふき。」

児童の感想

 お手つだいをすると、お母さんがつかれているとき、楽になると分かりました。

保護者の感想

  私が仕事で疲れて帰ってくると、すすんでお手伝いをしてくれました。テーブルふきだけでなく料理もつくってくれて、本当にうれしかったです。子どもの優しさにふれて温かい気持ちになりました。

小学校3年生「自分でできることを増やす。」

児童の感想

 みんないそがしいから、自分でできることをふやして、家族で助け合いたかったからこの約束にしました。思ったより自分でできることがありました。じゅけん生のお姉さんを助けられた気がします。

保護者の感想

 家族が助け合い、支え合うためには、まず自身の自立が大切だと考え、この「やくそく」に決定しました。子どもにはまだ早いなと思うようなことでも、実行してみると何とかなるものだと、親としてはっとさせられることがたくさんありました。

小学校4年生「家族の耳にいい声を。」

児童の感想

小学校4年生児童の感想の画像

 言葉づかいが悪かったから、優しい言葉をいっぱいつかい、みんなで気持ちよく暮らせるようにこの約束にしました。言葉づかいに気をつければ、こんなに平和になると気づきました。もっとやさしい家族になりました。

保護者の感想

 言い方ひとつで印象や場の空気、伝わり方がずいぶんと違ってくるということを改めて学ぶいい機会になりました。きょうだい間ですぐけんかに発展していくことが多々あったため、この約束に取り組むことにしましたが、意識を変えることは生活に変化をもたらすことを再認識できてよかったです。

小学校5年生「家族のためにおふろそうじをする。」

児童の感想

 日頃あまりやっていなかったことを毎日やってみると、続けていくことが難しいし、いろいろなところをきれいにしないといけないので、とても大変でした。だけど、きれいにすることはとても気持ちがよくなるので、これを続けていきたいです。

保護者の感想

 浴槽だけでなく、床や壁、洗面器などの道具の汚れに気づき、一生懸命きれいにしてくれました。おかげさまで毎日気持ちのよいお風呂の時間を過ごせました。いい頃合いになると、「お風呂の準備をするね。」と言ってくれ、自分のやるべきことを意識していると感じられて嬉しく思いました。これからも手伝ってくれると助かります。

小学校6年生「食事中はテレビを消す。」

児童の感想

 食事中にテレビを消すことで、家族みんなと話すことが多くなって、ふれあう時間も長くなった気がしました。私は、メディアを見すぎるので、食事中にテレビを消して、メディアを見る時間を少なくすることができたので良かったです。

保護者の感想

 メディアの時間が日に日に長くなり、ダラダラと過ごすことが多くなっていました。メディア時間をコントロールすることで、規則正しい生活や活発な活動時間、家族の時間を取り戻すことができました。引き続き継続してもらいたいです。

中学校1年生「洗濯物を干す。」

生徒の感想

中学校1年生生徒の感想の画像

 朝は色々なことがあり、バタバタしているから、自分が洗濯物を干せば家族のみんなが楽になるのでこの約束にしました。毎朝洗濯物を干すことで、朝早く起きることができ、きちんとした生活リズムができたところが良かったと思いました。

保護者の感想

 洗濯物を干してくれたおかげで、出勤前にゆっくりコーヒーを飲むことができました。夕方に帰宅すると、洗濯物を取り入れ、畳んでくれていたので助かりました。何か一つでも手伝ってくれると時間にゆとりができるので、継続してください。

中学校2年生「冬休みはいつもより家の手伝いをたくさんする。」

生徒の感想

 いつもは、風呂掃除と、頼まれた日に洗濯物を取り込むことが私の仕事でしたが、冬休みの間はそれに加え、皿洗いを手伝いました。とても大変で、日頃沢山の家事をこなしている母がすごいなと思いました。

保護者の感想

 冬休みでなくても、日頃からある程度は手伝ってくれています。とても助かりますが、冬休み中はさらにお手伝いをしてくれて、本当に助かりました。学生の間は、勉強、体調に気を付けて元気に過ごすことは大切と思いますが、家のことを手伝ってくれると素直にうれしいです。ありがとう。

中学校3年生「『いただきます』『ごちそうさま』の言葉を大切にする。」

生徒の感想中学校3年生生徒の感想の画像

 「いただきます」「ごちそうさま」の言葉は、食事を作ってくれた人やその食材に携わった人に感謝するのもので、大切にしていく必要があると考えたからです。この約束をよい機会にして、これからも守り続けていきたいです。

保護者の感想

 高校進学に向けて、自分の目標が「食に携わること」と明確になったこともあり、この約束がとても重要で大切であることを感じたようです。これからも、その思いをずっと持ち続けてほしいです。