ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総合企画部 > 広報広聴課 > 山口ふるさと大使・令和3年度

本文

山口ふるさと大使・令和3年度

ページ番号:0013721 更新日:2021年11月1日更新

山口県では、県外に在住または県外に主たる活動の場を有する山口県にゆかりのある方で、山口県のPRにご協力いただける著名な方に「山口ふるさと大使」に就任いただき、山口県のさまざまな魅力を、全国に向けて発信しています。

大使の皆さんの活動など

「山口ふるさと大使」トップページへ

3月15日・原沢久喜さんに山口ふるさと大使の委嘱状を交付!

委嘱状を手にする原沢久喜さんの写真

原沢久喜さんが山口県東京事務所で、東京事務所長から委嘱状の交付を受けられました。原川さんは、「地元からの応援は励みになりとても心強い。これからもパリ五輪に向けて挑戦・活躍し、山口県をPRしていきたい」と意気込みを語られました。

12月27日・小林愛実さんに山口ふるさと大使の委嘱状を交付!

小林愛実さん

県庁で小林愛実さんの山口ふるさと大使の委嘱状交付式が行われました。山口県文化特別褒賞を授与するととともに大使の委嘱状を交付した村岡知事は「山口県の子どもたちにとっても、県出身の小林さんの活躍は大きな励みになる。これからも頑張ってください。今後、いろいろな場面で山口県のPRをしていただきたい」と依頼しました。小林さんは、「これからも活躍することで、山口県出身者としてPRできるよう頑張ります」と応えられました。

12月21日・田川ヒロアキさんが知事を表敬訪問!

田川ヒロアキさんと知事

田川ヒロアキさんが、東京2020パラリンピック開会式出演などの報告のため、村岡知事を表敬訪問されました。出演決定からリハーサル、本番などの貴重な裏話の他、萩市の聖火リレーセレブレーションイベントで披露されたオリパラ応援ソングに込めた思いなどを報告されました。海外プロデューサーからのオファーなど、ご活躍の場がますます広がったことで、活動を通して今後も山口県を元気にしたいと抱負を語られ、知事にご自身の2021年を集大成するCDを贈呈されました。

11月29日・和田薫さんが山口県文化功労賞を受賞!

和田薫さん

和田薫さんが、第26回山口県文化功労賞表彰式に出席されました。この賞は、本県文化の振興に顕著な功績があった方を対象としています。独自の楽曲づくりを追求し作曲家として国内外で高く評価されていることや、県内酒造会社や交響楽団との共同プロジェクトで作曲した交響曲の発表などの功績がたたえられた和田さんは、「これからも郷土を誇りに思い、心の支えとして精進していきたい」と抱負を語られました。

11月2日・陣内大蔵さんがふるさと宇部市でライブを開催!!

陣内大蔵氏のライブの写真

陣内大蔵さんが、宇部市制100周年記念に寄せて凱旋ライブを開催されました。昔からの音楽仲間の方や多くの市民の皆さんが集まる中、ふるさとをイメージしたオリジナル曲など地元ならではの演目も披露され、会場が一つになって盛り上がりました。

9月28日・山科隆太(元 豊響)さんが村岡知事を表敬訪問!!

山科隆太さんの写真

元豊響の山科隆太さんが、令和3年5月場所を最後に現役引退し、年寄山科を襲名されたことを報告するため、村岡嗣政知事を表敬訪問されました。初土俵から2年で新入幕を果たし、強い当たりと押しを武器に「平成の猛牛」とも言われた山科親方は、「皆さんに応援いただいて幸せな相撲人生だった。今後は山口県から応援してもらえる強い関取を育てたい」と思いを語られました。

9月21日・石川佳純さんが村岡知事を表敬訪問!!

石川佳純さんの写真

石川佳純さんが、東京2020オリンピック卓球女子団体での銀メダル獲得を報告するため、村岡嗣政知事を表敬訪問されました。山口県県民栄誉賞と山口県スポーツ特別褒賞を授与された石川さんは、「3大会連続のオリンピック出場とメダル獲得には、地元・山口をはじめ多くの方からの応援が力になりました」と感謝の気持ちを語られました。

7月3日・陣内大蔵さんがゆめはくオープニングイベントに出演!!

陣内大蔵さんの写真

陣内大蔵さんが、山口市で開催された山口ゆめ回廊博覧会オープニングイベントに出演され会場を盛り上げました。エフエムラジオ特別番組の公開生放送では「ゆめはく」の魅力についてゲストの方々と軽妙なトークを、特設ステージでは「空よ」などご自身の数々のヒット曲を披露され、会場全体がその歌声に引き込まれました。

5月14日・田川ヒロアキさんが聖火リレーセレブレーションに出演!!

田川ヒロアキ氏ステージの写真02

田川ヒロアキさんが、萩市で開催された東京2020オリンピック聖火リレーセレブレーションに出演され、聖火到着前のステージを盛り上げました。東京オリンピックパラリンピックのウェルカムソングとして自ら制作された「Sky」を下関のコーラス隊と、2000年に制作し今も県内各地で踊り継がれているよさこい総踊り「男なら」を県内のよさこい団体と披露され、来場者の皆さんから大きな拍手が送られました。


過去の活動紹介ページはこちら