ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 環境生活部 > 環境政策課 > 認定事業所(山口合同ガス株式会社)

本文

認定事業所(山口合同ガス株式会社)

ページ番号:0164522 更新日:2022年8月30日更新

やまぐち再エネ電力利用事業所の取組概要

山口合同ガス株式会社<外部リンク>

認定事業所の概要

企業・団体名

山口合同ガス株式会社

所在地

下関市本町三丁目1番1号

認定を受けている
事業所又は事業場名

(1)山口合同ガス株式会社 本社
(2)山口合同ガス株式会社 長府供給所
(3)山口合同ガス株式会社 彦島工場
(4)山口合同ガス株式会社 宇部支店
(5)山口合同ガス株式会社 小野田工場
(6)山口合同ガス株式会社 山口支店
(7)山口合同ガス株式会社 防府工場
(8)山口合同ガス株式会社 徳山支店
(9)山口合同ガス株式会社 柳井工場

事業概要

ガス事業

ホームページ

https://www.yamago-gas.co.jp/<外部リンク>

認定日

令和4年8月30日

認定を受けている事業所等の取組

(1)山口合同ガス株式会社 本社

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(2)山口合同ガス株式会社 長府供給所

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(3)山口合同ガス株式会社 彦島工場

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(4)山口合同ガス株式会社 宇部支店

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(5)山口合同ガス株式会社 小野田工場

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(6)山口合同ガス株式会社 山口支店

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(7)山口合同ガス株式会社 防府工場

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(8)山口合同ガス株式会社 徳山支店

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

(9)山口合同ガス株式会社 柳井工場

再エネ電力の調達方法

再エネ電力の購入(小売電気事業者との契約)

 

 

契約電力プラン名

やまぐち水力100プラン

小売電気業者名

中国電力株式会社

再エネ率

100%

山口県産再エネ率

100%

推定年間電力使用量
(うち再エネ由来電力量)

- kWh

再エネ電力への切り替えにあたって

切り替えたきっかけ

 脱炭素化を視点に入れた経営を行う上で、まずは自社使用エネルギー(電気)のカーボンニュートラル化に着手しました。

切り替え時の課題

 既存契約から新契約への変更に伴い、事業所毎の電力使用形態が異なるため、新契約の適合性について検討を要しました。

切り替え後の変化
(メリット等)

 再エネ電力の導入により、地域の脱炭素化・電気代の一部還流等、地域社会へ貢献するとともに、他方、温対法の報告においてもCO2排出量を削減できる見通しとなりました。

コストの変化

 「やまぐち維新でんき(やまぐち水力100プラン)」の追加費用と契約変更(高負荷率契約の解約)による大幅なコスト増を想定していましたが、再エネ電力は原料費調整制度の影響を受けないため、目下の原料費高騰局面においては、結果的にコストメリットが発生すると想定されます。

その他PR事項

 再エネ電力「やまぐち維新でんき(やまぐち水力100プラン)」の利用は、エネルギー地産地消への取り組みの一環であり、今後も2050年カーボンニュートラルの実現に向け、地域の脱炭素化に積極的に貢献してまいります。