ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 健康福祉部 > 長寿社会課 > 第3回山口県認知症カフェサミットの開催について

本文

第3回山口県認知症カフェサミットの開催について

ページ番号:0101274 更新日:2021年10月15日更新

第3回山口県認知症カフェサミットの開催について

 認知症カフェは、認知症やその家族にとって気軽な社会参加や相談の場であり、また医療・介護の専門職や地域住民の交流や情報交換を通じてお互いを理解しあう場です。
 本県では、認知症や認知症カフェに対する正しい理解の普及啓発を図るとともに、認知症カフェの情報を共有することで地域における認知症カフェの設置の促進を目的として、次のとおり「第3回山口県認知症カフェサミット」を開催します。
 多くの方にご参加いただきますようご案内いたします。
 ※詳細は添付ファイルを参照してください。

(1)趣旨

 認知症高齢者やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、広く県民を対象として、認知症や認知症カフェに対する正しい理解の普及啓発を図るとともに、認知症カフェの情報を共有することで地域における認知症カフェの設置の促進を図る。

(2)主催

 山口県/公益社団法人認知症の人と家族の会山口県支部

(3)日時

 令和3年10月31日(日曜日) 午前10時~午後3時

(4)会場

 KDDI維新ホール(山口市産業交流拠点施設)

(5)対象者

 認知症の人とその家族、認知症カフェ関係者、医療・介護関係者、一般県民

(6)開催形式

 ハイブリッド形式(会場参集+オンライン参加)

(7)定員

 会場参集200名
 ※ 会場参集は認知症カフェ関係者を優先させていただきます。
 定員を超えた場合、お断りさせていただく場合があります。

(8)参加費

 無料(ただし、オンライン参加の場合、通信費は参加者負担)

(9)プログラム

第1部

10時00分 開会行事
10時20分 【基調講演】「新時代に希望を抱いて、認知症とともに今を生きる」
講師 山口県立こころの医療センター 兼行 浩史 院長

*「認知症の人と家族への援助をすすめる第37回全国研究集会in山口」の基調講演の聴講

 11時50分~13時00分 休憩

第2部

 13時00分 【活動発表・分科会】
テーマ

  1. コロナ禍における認知症カフェの挑戦
  2. 本人の声・本人の視点を活かした認知症カフェ運営
  3. 認知症カフェあれこれ ~うちの悩み聞いてください~
    15時00分 閉会

※ 会場内で、県内の認知症カフェを紹介する展示を行います。

(10)参加申込方法

 チラシ裏面を確認ください。

(11)新型コロナウイルス感染拡大防止への協力のお願い

  • マスクの着用、手洗い・手指消毒の徹底、受付で検温をお願いします。
  • 次の事項に当てはまる方は、会場参加をご遠慮願います。
    1. 当日の検温で発熱(37.5℃以上)がある、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、咳、咽頭痛などの症状がある
    2. 参加前2週間以内に海外渡航歴、もしくは緊急事態宣言または、まん延防止等重点措置指定区域内への往来がある
    3. 参加前2週間以内に本人、家族を含む同居人について新型コロナウイルス感染者と濃厚接触があった。
  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、会場参集が困難になった場合、延期または中止といたします。
    延期等の場合は、参加申込者全員に連絡いたします。
  • 参加者から新型コロナウイルス感染が疑われる方が判明した場合、参加者名簿を保健所に提供します。
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)