このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 萩看護学校 > 進路と資格・1

令和2年 (2020年) 5月 25日

萩看護学校

進路と資格

進学・就職状況


令和元年度

第一看護学科

就職先

山口大学医学部附属病院、山口赤十字病院、萩市民病院、済生会下関総合病院、済生会豊浦病院、宇部興産中央病院、新南陽市民病院ほか

進学先(大学編入等)

熊本看護専門学校助産学科、藤華医療技術専門学校助産学科、岡山大学教育学部養護教諭特別別科


第二看護学科

就職先

長門総合病院、都志見病院、玉木病院、済生会豊浦病院、萩慈生病院、萩むらた病院、県立総合医療センター、小郡第一病院、宇部興産中央病院、山口赤十字病院、済生会下関総合病院、下関市民病院ほか

取得可能な資格


第一看護学科

看護師国家試験受験資格、保健師・助産師養成所受験資格、大学編入学試験受験資格


第二看護学科

看護師国家試験受験資格、保健師・助産師養成所受験資格、大学編入学試験受験資格

看護師国家試験結果


合格率(新卒者のみ)

第一看護学科

平成27年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

97.2%

92.1%

100.0%

95.0%

100.0%


第二看護学科

平成27年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

100.0%

100.0%

100.0%

 100.0%

100.0%

卒業生の声


第一看護学科 23期生 令和2年3月卒業

 私は、テレビドラマで看護師という職業に興味を持ち、調べていくうちに魅力を感じて萩看護学校に入学しました。

 実習では、実際に患者さんを受け持たせていただき、患者さんとのかかわりから多くのことを学びました。その中でも、患者さんの考えを尊重する大切さ、強みを引き出すことは患者の疾患に立ち向かう気持ちを支援することにつながると学びました。

 患者さんを支援するためには、確かな知識と技術をしっかり身につける必要があると感じました。自分の未熟さに悩むこともありましたが、実習指導者や教員から的確な助言や、仲間の励まし、多くの人の支えのおかげで、3年間を乗り越えることができました。3年間の学びを生かして、質の高い看護が提供できるように日々自己研鑽していきたいです。



第二看護学科 23期生 令和2年3月卒業

 私は准看護師免許を取得後、萩看護学校に入学しました。学業と病院での勤務の両立に不安がありましたが、臨床での経験は講義内容の理解への助けとなり、より実践的な学びに繋がりました。各専門の方からの講義を受けることで、テキストだけでは学ぶことのできない臨床の視点からの知識について学んできました。実習では何度も壁にぶつかりましたが、先生方、実習指導者さんの助言を受け、私に足りない視点に気づくことができました。また、国家試験に向けた指導も1年生のうちからあり、自己に適した学習方法の獲得に繋がりました。学生生活を通じて、知識や技術などの学びの他にも、主体的に取り組む姿勢や、向上心を持つことの大切さを学ぶことができました。

 萩看護学校での学びを生かして、北浦地域での医療へ貢献できるように頑張りたいと思います。

お問い合わせ先

萩看護学校



お問い合わせ先

萩看護学校

閉じる