このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・林業女性“いどばた交流会”を開催

平成31年 (2019年) 2月 14日

森林企画課

豊田流域林業研究グループ連絡協議会女性部会が林業女性“いどばた交流会”を開催しました!

 下関市・長門市で森林・林業の活動を行う森林所有者等によるグループの連絡組織に属する女性会員で構成する「豊田流域林業研究グループ連絡協議会女性部会」が、森林・林業に対する理解促進と林業研究グループの活動を行う仲間づくりのため、平成31年2月14日(木曜日)に林業女性“いどばた交流会”を開催しました。


 この“いどばた交流会”では、身近な木材利用の一つとして、もちの木工房(萩市)の木工デザイナーの山影良恵さんを講師に迎え、貴重な「うもれ木」を寄せ木にしたパーツなどを組み合わせた『ストール留め』づくり体験などを行いました。

 材料には「うもれ木」の寄せ木パーツの他にも、ケヤキ、クス、サクラ、モッコク、チャンチンなど、様々な樹種の木材が用意され、樹種それぞれに色や質感が違うことに興味を持つ参加者や、当日はバレンタインデーであったことから、木材をハートの形に糸のこで切ってストール留めにする参加者もいました。

 参加者はそれぞれにデザインを決め、パーツをサンドペーパーで磨き上げ、萩市産の椿油でつや出しをして、ステキなストール留めを完成させました。


 この『ストール留め』づくりをきっかけに、森の恵みを日々の生活に取り入れ、県産木材の利用が進むことが期待されます。



糸のこを初めて使って、ドキドキ! 設置状況

        糸のこを初めて使って、ドキドキ! 参加者の皆さんとストール留め (一部)

お問い合わせ先

下関農林事務所 森林部



お問い合わせ先

下関農林事務所 森林部

閉じる