このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 森林企画課 > ローカル山だより・萩育林会が森林体験学習を実施

令和元年 (2019年) 10月 16日

森林企画課

萩育林会が白水小学校で森林体験学習を実施しました

 昨年度から萩市立白水小学校で、萩育林会(会長:堀 忠行)が森林体験学習としてシイタケ栽培を実施しています。

 昨年12月に、シイタケの植菌作業とほだ木の仮伏せ作業を行いました。そして、令和元年10月10日(木曜日)に、ほだ木の本伏せ作業を指導しました。

 3~4年生26人を対象に、森林・林業・シイタケの作り方について説明を行い、ほだ木の菌糸が拡がっていることを観察し、みんなで協力して合掌伏せ(合掌立て)に組みました。また、付近にサルの被害が発生しているため、サル除けネットの設置も行いました。

 収穫までの管理方法などを説明し、児童からは「菌が眠ったり起きたりしてシイタケが発生することが分かった。」「収穫が楽しみ。」と言った感想がありました。

 シイタケ栽培をきっかけに、森林・林業にもっと興味を持ってもらえることを期待しています。


ほだ木の観察 伏せ込み作業

               ほだ木の観察        伏せ込み作業

お問い合わせ先

森林企画課



お問い合わせ先

森林企画課

閉じる