このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 砂防課 > 土砂災害・地上デジタル放送(データ放送)による土砂災害危険度情報の配信について

令和元年 (2019年) 6月 3日

砂防課

 地上デジタル放送(データ放送)による土砂災害危険度情報の配信について

県では、県民の皆様の的確な避難を促すため、土砂災害危険度情報をホームページの「山口県土砂災害ポータル」や、「山口県防災情報メール」により、提供しているところです。

このたび、新たにテレビのデータ放送(dボタン)により、土砂災害危険度情報の配信を開始します。

(1)提供する情報

県内を293の区域(約5km四方)に区切り、区域ごとに降雨による土砂災害の発生する危険度を4段階で提供します。

(2)情報の特徴

土砂災害の危険性が高まった際、山口県と下関地方気象台が市町単位で発表する土砂災害警戒情報よりも、さらに詳細な地域の情報を取得することができ、避難行動や避難支援に活用できます。

なお、「土砂災害降雨危険度」については、山口県土砂災害警戒情報システム解説ページ (別ウィンドウ) をご参照ください。

ご利用方法

地上デジタル放送(データ放送)による土砂災害危険度情報の配信します。

NHK山口放送局と山口放送株式会社(KRY)の地上デジタル放送(データ放送)を通じて、ご家庭のテレビで大雨による土砂災害発生の危険度をリアルタイムに確認できます。

パンフレットをご参照ください。(パンフレット (PDF : 439KB)



スライド1

お問い合わせ先

砂防課



お問い合わせ先

砂防課

閉じる