ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 農林水産部 > 農林総合技術センター > 本部・農業技術部/企画情報室・普及状況評価の結果(令和3年度の結果を公表しました。)

本文

本部・農業技術部/企画情報室・普及状況評価の結果(令和3年度の結果を公表しました。)

ページ番号:0022258 更新日:2022年3月31日更新

 山口県農林総合技術センターでは、県民ニーズや本県の特性を発揮するにふさわしい試験研究を推進するため、過去に公表した試験研究成果について、その後の現地での活用状況の把握や今後の研究開発・普及に役立てることを目的に、「普及状況調査」を実施しています。※平成28年度まで「追跡評価」として実施していたものについて、平成29年度から「普及状況評価」に名称変更

普及状況評価の流れ

1 評価対象課題

「新たに普及に移しうる試験研究等の成果」に掲載された課題のうち、公表から2カ年経過した年度に実施する。
 ※ただし、次に掲げる場合は公表後5カ年以上

  1. 育種品種や特許技術等で普及に時間を要する場合
  2. 公表後2カ年の評価で利用されていないことが明らかな場合

2 調査対象者

課題の要望者(要望機関)、技術実証の実施者及び開発技術の利用者から、県農林水産事務所長等の推薦をもとに複数名選定

3 調査方法

選定した調査対象者に対し、次の様式で回答を依頼する。
様式(普及状況調査票)[PDFファイル/121KB]

4  結果のまとめ

回収した調査票の集計結果を次の様式にとりまとめ、ホームページ等で公表する。
様式(普及状況評価とりまとめ表)[PDFファイル/97KB]

令和3年度普及状況評価の結果

「新たに普及に移しうる試験研究等の成果(No.43)」(平成30年度公表)に掲載課題のうち7課題について調査

〔対象課題〕

  • 小麦「せときらら」の葉面散布による開花期追肥技術
  • 飼料用米新品種「みなちから」の省力・低コスト・多収栽培法
  • 花茎も収穫できる畑わさびの超促成栽培(第1報)
  • 「せとみ」の貯蔵中に発生する腐敗果抑制技術の確立
  • イチゴのアザミウマ類とハダニ類多発期(2~6月)における天敵による害虫防除体系
  • 山口型放牧における放牧牛の簡易な暑熱対策
  • 酒粕を活用した肉豚肥育技術

(別添)令和3年度普及状況評価とりまとめ表 (PDF:102KB)

過去の追跡評価・普及状況評価の結果

※ここに掲載されているよりも古いものについては、お電話などでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)